“upstairs” と “downstairs” の意味と使い方おさらい!

“just not” それとも “not just”?”just” の正しい位置は?
「きっかけ」って英語でどう表現する?
関係代名詞の “what”、上手に使えてますか?

スポンサーリンク

“upstairs” と “downstairs”、会話の中で問題なく使えていますか?

私はイマイチよく分かっていなかったのですが、ニュージーランドに来てからとってもよく耳にすることに気付きました。

今では自分自身でも、日常生活の中でとてもよく使います。

そこで今回は、”upstairs / downstairs” の意味と使い方のおさらいをしつつ、特に覚えておきたい “downstairs” の特徴を紹介したいと思います!

副詞の “upstairs”、”downstairs”

和英辞書を引いてみると「階上へ(で)」「階下へ(で)」という副詞の意味が真っ先に出てくると思います。
英英辞書でも、こんなふうに書かれています↓(Merriam-Webster Learner’s Dictionaryより引用)

upstairs:on or to a higher floor of a building

downstairs:on or to a lower floor of a building

“upstairs” も “downstairs” も、この【副詞】として使われることがとても多いです。例えば、

  • Where’s Alice? -She’s upstairs.
    「アリスはどこにいるの?」「上(の階)だよ」
  • The bathroom is downstairs on your right.
    トイレは下の階の右側にあります
  • She went downstairs for breakfast.
    彼女は朝食を食べに下に行った
  • He ran downstairs to answer the door.
    彼はドアに出るために下に走って行った

のようになります。
“on upstairs” や “on downstairs”、あるいは “to upstairs” “to downstairs” とは言わないので注意してくださいね。すでに意味の中に “on” や “to” のニュアンスが含まれている【副詞】なので、前置詞は必要ありません。

スポンサーリンク

このあたりは “go to there”、”go to home” と言わないのと同じですね。

形容詞の “upstairs”、”downstairs”

“upstairs / downstairs” は形容詞としても使われます。
上と同じ英英辞書で “upstairs” の【形容詞】の部分を見てみると、こう書かれています↓

[always used before a noun] located on a higher floor of a building
・You can use the upstairs bathroom.

「いつも名詞の前で使われる」と書かれてあるように、

  • upstairs flat:上の階のアパート
  • upstairs neighbour:上の階の住人
  • downstairs bedroom:下の階の寝室

みたいに「up/downstairs+名詞」という順番になります。ただし、”people” の場合だけは、

  • The people upstairs are very loud.
    上の階の人たちがとてもうるさい
  • The people downstairs are very friendly.
    下の階の人たちはとてもフレンドリーです

みたいになることが多いです。

Transition

特に覚えておきたい “downstairs” の意味

“upstairs” と “downstairs” は、使い方は同じで基本的には意味が反対なだけなのですが、実は “downstairs” には “upstairs” とはちょっと違う特徴があります。

オックスフォード現代英英辞典で “downstairs” を引いてみると、こんなことが書かれてあるんです↓

スポンサーリンク

down the stairs; on or to a floor or a house or building lower than the one you are on, especially the one at ground level

ポイントは “especially” 以降の部分です。「特に地上階(1階)」と書いてありますよね。
こんなふうに「1階」というニュアンスで使われることも多いんです。

例えば、1階と3階にカフェが入っているビルがあるとしましょう。友達との待ち合わせで「(3階ではなく)1階のカフェにいるね」と言いたい場合には、

  • I’ll be at the downstairs cafe.

と言えばOKなんです。シンプルですよね。
ちなみに “the upstairs” で「上の階」、”the downstairs” で「下の階(特に1階)」という名詞の意味もあります。

■イギリス式の「階」の数え方は日本とはちょっと違います。”first floor” は「1階」じゃないんです↓

“downstairs” は、覚えておくとなかなか使い勝手のいい単語なので、”upstairs” とともにぜひ実際の会話で使ってみてくださいね。

 

間違えやすい副詞にまつわるコラム

■「明日の午後、家にいる?」は “be home” と “be at home” のどっちを使う?

■「彼女は隣に住んでいます」を英語で言うと?

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS