「関係ない」って英語で何て言う?

“quite” の本当の意味とは?
オーストラリア英語の定番?よく使われる3つのフレーズ
「音」だけじゃなかった!”sound” のこんな使い方

スポンサーリンク

私は以前「関係ない」を英語で言おうとして言えなかった経験があります。

  • 私は彼らとは一切関係ありません
  • 年齢は関係ないよ
  • 私が結婚してようがいまいがあなたには関係ないことだ

って英語で言うと、どうなるでしょうか?
これらは3つとも「関係ない」ですが、英語にするとそれぞれ別の表現で表されることが多いんです。

そこで今回は3つのニュアンスの異なる「関係ない」を紹介します。と言っても、どれも日常的に使われる絶対に覚えておきたいものばかりですよ。

①”have nothing to do with 〜” で表す「関係ない」

「私は彼らとは一切関係ありません」のような「関わり、繋がりがない」には、”have nothing to do with 〜” がよく使われます。

  • I have nothing to do with them.
    私は彼らとは一切関係ありません

みたいな感じですね。”with” の後ろに「人」がくると「その人とかかわり合いがない」という意味になりますが、「人」以外を “with” の後ろに持ってくることもできます。

  • She has nothing to do with it.
    彼女はそれとは何の関係もない

また、主語が人である必要もありません。

  • Happiness has nothing to do with money.
    幸せはお金とは関係ない

以前、ウチの近所で道路工事をしていた時にインターネットの調子が悪くなったので、修理に来てくれた業者さんに「工事と関係ある?」と聞いたら、

  • No, it has nothing to do with the roadworks.
    道路工事とは関係ないよ

という答えが返ってきました。こんな感じで何かと何かが「関わり、関連がない」を表すのが “have nothing to do with” で、とてもよく使われるフレーズです。

スポンサーリンク

②”doesn’t matter” で表す「関係ない」

次は「年齢は関係ないよ」を英語にしてみましょう。

この「関係ない」は「重要ではない、問題ではない」という意味ですよね。こんな場合には “doesn’t matter” がよく使われます。

  • Age doesn’t matter.
    年齢は関係ない

動詞の “matter” には「重要である、問題である」という意味があるので、否定の “not” をつけると「重要・問題じゃない」を表すことができるんです。

私が昔、ニュージーランドのチーズ屋さんで買ったTシャツに書かれていたのが、

  • Age doesn’t matter unless you’re a cheese.
    年齢は関係ない。あなたがチーズではない限り

でした(笑)

“it” を主語にして “It doesn’t matter” とすると、

  • It doesn’t matter if you are gay or straight.
    あなたがゲイであろうがストレートだろうが関係ない(問題ではない)
  • It doesn’t matter what she said to you.
    彼女が君に何と言ったかは関係ない(重要ではない)

みたいに後ろに文章をつなげることもできます。

③”none of my/your business” で表す「関係ない」

3つ目は「私が結婚してようがいまいがあなたには関係ないことだ」のような「関係ない」です。

スポンサーリンク

耳にしたことがある方も多いと思いますが、こんな「関係ない」には “none of one’s business” がよく使われます。

  • It’s none of your business whether I’m married or not.
    私が結婚してようがしていまいがあなたには関係ない

「かかわり合いのないこと、知ったことではない、立ち入るべきことではない」というニュアンスですね。

  • How much do you weigh? −That’s none of your business!
    「体重何キロ?」「君には関係ないよ」
  • What other people think of me is none of my business.
    人が私のことをどう思おうと私には関係ない
  • It’s no one’s business how much I make.
    私がいくら稼いでいるかは他人には関係ないことだ

相手を前にズバッと言うと結構厳しめの表現ですが、プライベートなことや個人の自由な選択を主張するときなんかによく使われたり、個人のプライベートに立ち入りすぎた報道に対するコメントなんかでもよく目にします。

他にも、バリエーションとして “not my/your/our business” や “Than’t my business.”、”Mind your own business” なんかもありますよ。

■以外と盲点?”business” の正しい発音とは↓

他にもある「関係ない」の英語表現

今回は「関係ない」の表現を3つ紹介しましたが、もちろんこれだけではありません。

パッと思いついたものを挙げてみると、”not involved(関与していない)”、”not related(関連がない)”、”not relevant(関連性のない)” なんかもあります。

ただ、あれもこれも一気に覚えようとすると結局身につかないことも多いので、とりあえず今回紹介した3つをしっかり押さえてから、バリエーションを増やしていくといいかなと思います。

また、「関係ない」のような、日本語では一つの言葉だけど英語にするといくつか表現がある場合には、和英辞書よりも英英辞書を使ったほうがフレーズの持つ本来の意味・ニュアンスの違いを理解しやすいですよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS