発音を間違えやすい英単語【音が消える母音】

“very” を使わずに「めっちゃ熱い」を英語で
英語の “wee” ってどんな意味?
「(注文は)まだ決まってません」「もう少し時間をください」って英語でなんて言う?

スポンサーリンク

“interesting”、”comfortable”、”business”、”basically”

これらの単語をどんなふうに発音していますか?

実はこれらは、私自身が過去に間違えて発音していたものばかりです。

それでも会話の中では通じないこともなかったのでなかなか気付きませんでしたが、あるポイントを意識すればグッとナチュラルに聞こえるし、なによりも通じやすくなります。

そのポイントとは【消える母音】です。

あいまい母音は音が消えやすい

アクセントが置かれない母音は、ものすごく弱く発音されるので聞こえなかったり、発音されなかったりするということが英語では起こります。例えば、

  • take、like、make、write

などは皆さん自然に発音できていると思いますが、最後の “e” は発音しませんよね。
これらは「サイレントe」と呼ばれるものですが、他にも発音しない母音を含む単語はたくさんあります。

スポンサーリンク

今回は、このような「発音しない音」「消える音」がある単語の中から、日常的によく使うのに多くの人が間違えがちなものを紹介したいと思います!

“comfortable” の発音

“comfortable” は日常生活でも結構使う単語ではないでしょうか。

「着心地/履き心地/座り心地/寝心地がいい」などの「心地いい」や、「快適な」「くつろいだ」などを表すときによく使われる単語ですよね。

この “comfortable” を「コンフォータブル」や「コンフォタブル」「カンフォタブル」と発音していませんか?

実はこれは、/ˈkʌmftəbəlのように発音します。
“comfortable” の 
“or” を発音しないことが多いんです。

今まで何だか発音しにくいなぁ…と思っていた方、ぜひ試してみてください。一気に発音しやすく、かつ伝わりやすくなるはずです。

“business” の発音

“business”。これも誰もが知っている単語ですよね。「ビジネス」は日本語にもなっています。

でも、その「ビジネス」というカタカナ英語こそが厄介なんです。

スポンサーリンク

“business” の発音は、/ˈbɪznəsです。
つまり、”business” の “i” は発音しません

「ビジネス」でも「ビズィネス」でもないんですね。

business

“interesting” の発音

“interesting” もしくは “interested” も会話にはよく出てくる単語だと思いますが、言いにくな…と思ったことはありませんか?

実は私はずっと口の中がモゴモゴして発音しにくい…と思っていました。ただ、それはわざわざ言いにくいように発音していたからなんです。

“interesting” は「インタレスティング」ではありません。

これも発音記号で書いてみると、/ˈɪntrəstɪŋです。
“interesting” の最初の “e” の音が消えていますよね。私はこれに気付いてから、随分発音しやすくなった気がします。

こんなふうに、単語の語尾以外でも “e” がサイレントになることがあります。

スポンサーリンク

例えば “camera” が「キャムラ」と聞こえたことはありませんか?これも “m” の後ろの “e” が弱くなって音が消えてしまうからなんですね。

副詞の “-ally” も要注意

さらに、副詞の “-ally” で終わるものも意外と盲点だったりします。

例えば、以下の単語はそれぞれどんなふうに発音していますか?

  • basically
  • logically
  • physically
  • specifically
  • economically
  • politically

「ベイシカリー」「ロジカリー」「フィジカリー」「スペシフィカリー」「エコノミカリー」「ポリティカリー」のように、語尾をそのまま「カリー」と読んでいる人も多いと思います。

でも実はこれらも、”-ally” の “a” の音が消えることが多いんです。つまり、

  • basically → /ˈbeɪsɪkli/
  • logically → /ˈlɒdʒɪkli/
  • physically → /ˈfɪzɪkli/
  • specifically → /spəˈsɪfɪkli/
  • economically → /ˌekəˈnɒmɪkli/
  • politically → /pəˈlɪtɪkli/

のように、/-kli/ と発音するんですね。

通じにくい、発音しにくいと思った方は参考に

これらは絶対にこのとおり発音しなければ通じない、というものではありません。

ただ、本来母音が入らないところに母音を入れてしまうと、通じにくくなってしまう傾向はあると思います。

スポンサーリンク

私自身は周りのネイティブと自分の発音が「何か違う…」と思っていたら、今回紹介したような【サイレント母音】が原因だったことが何度かあります。

少し意識するだけで発音しやすくなったり、よりナチュラルに聞こえるようになるので、ぜひお試しください!

“pronunciation” の発音も注意!

余談ですが「発音」を表す単語も、ものすごく間違えやすいです。

その理由はちょっとイレギュラーなスペリングです。

動詞の「発音する=pronounce」につられて、名詞の「発音」は “pronounciation” と勘違いされがちですが、正しくは “pronunciation(発音は /prəˌnʌnsiˈeɪʃən/)” です。

“n” の後ろに “o” は入りません。お間違えなく!

発音にまつわるコラムはこちら

■カタカナ語読みだと通じにくい英単語はこちらのコラムで紹介しています↓

■”go”、”no”、”hello” は「ゴー」「ノー」「ハロー」とはちょっと違うんです↓

スポンサーリンク

■アルファベットの「Z」はなんて読むのが正しい?

■単語の発音は辞書で確認することをおすすめします↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS