「予約」って英語で何て言う?

「サマータイム」って英語で何て言う?
「実家に帰る」「帰省する」って英語で何て言う?
覚えておきたい副詞の “right” の使い方

スポンサーリンク

日常生活の中で何かを「予約」することって、ちょくちょくありますよね。

友達とごはんを食べに行くときにお店を「予約」したり、旅行に行くときには新幹線や飛行機・ホテルなどの宿も「予約」しますよね。

髪が伸びてきたら美容院を「予約」したり、海外では医者や歯医者も「予約」が必要なことが多いです。

さらに、コンサートなどのチケットには「先行予約」があったりしますよね。

そんな日常生活の中で出てくる「予約」。ちゃんと英語で言えていますか?

英語の「予約」は大きく分けて2通り

日本語ではレストランの席を取っておくのも、美容院の時間を事前に決めるのも、温泉旅館の部屋を取っておくのも、全部「予約(する)」と言いますよね。

でも、英語では「予約」をあらわす表現・単語は1つではありません。皆さんも耳にしたことがあると思いますが、大きく2つに分けられます。

  1. reservation、booking
  2. appointment

です。どちらも日本語では「予約」と訳されるので、どちらを使ってもいいような気がしますが、英語ではこの2種類はしっかりと線引きされていて、場面によってどちらを使うかがハッキリと決まっています。

いざという時に戸惑わないように、違いをしっかり理解しておきましょう!

スポンサーリンク

“reservation、booking” で表す「予約」

レストランのテーブルやホテルの部屋などの「予約」に使われるのが、

  • reservation
  • booking

の2つです。

“reservation” は動詞の “reserve(取っておく)” から来ていて、レストランの席やホテルの部屋を「取っておくこと」という意味です。
なので他にも、飛行機やコンサート・劇場の席を「取っておく」場合の予約には “reservation” を使います。

“booking” はイギリス英語でとてもよく使われて、ほとんど “reservation” と同じように使われています。

「予約をする」は “make a reservation/booking” という言い方が一般的ですが、動詞の “reserve” と “book” を使うこともありますよ。

  • I’d like to make a reservation.
    予約をしたいのですが
  • I’d like to reserve a double room.
    ダブルベッドの部屋を予約したいです
  • I’d like to book a table for two for seven o’clock.
    7時に2名で予約したいのですが

ここで1つ注意なのは、日本語では「レストランを予約する」「2名席を予約する」と言っても変ではないですが、英語では “reserve/book a table” と言います。

同じように「ホテルを予約する」も “book a hotel” と言うこともありますが、”book a room” と言うことが多いです。

そして、レストランやホテルの受付で「予約してます、予約があります」と言う場合には、

  • I have a reservation/booking.
  • I have a room/table booked.

などで表せますよ。

L'HOTEL PORTOBAY SÃO PAULO . Reception

スポンサーリンク

“appointment” で表す「予約」

“appointment” は「アポ」という日本語にもなっていますよね。
では、日本語で「アポを取る」のってどんな時でしょうか?

仕事などで誰かと会う約束をする時に「◯◯さんとアポを取る」と言いますよね。その「アポ」のイメージそのままが、

appointment

です。でも、そうすると「予約」という言葉はどこにも出てきません。でも、それでいいんです。英英辞典の “appointment” の定義はこうです↓

a formal arrangement to meet or visit someone at a particular time and place
(Cambridge Dictionary)

つまり簡単に言えば、人に会う約束の「予約」に使われます。例えば、お医者さんの予約、歯医者・美容師・弁護士などの予約ですね。

日本語では「歯医者さんとアポを取る」とは言いませんが、イメージはアポを取って会いに行く、という感じです。

そうすると当然、レストランやホテルの予約に “appointment” を使わないことが分かりますよね。

さらに、日本語では「アポを取る」「予約を取る」という表現をしますが、英語では “make an appointment” となるので注意したいですね。

  • I’d like to make an appointment with Dr Smith.
    スミス先生で予約を取りたいのですが

また、病院などの受付で「予約があります」と言う場合には、

  • I have an appointment with Dr Smith at 11 o’clock.
    スミス先生で11時に予約しています

のように言えばOKです。

「予約販売」「先行予約」は英語でなんて言う?

大きく分けて2通りと言いましたが、実は他にも「予約」を表す単語があります。

スポンサーリンク

例えば「新しいiPhone予約しちゃった」のような「予約販売」というニュアンスの「予約」です。これは “reservation” でも表せなくもないですが、

pre-order

と表現することが多いです。「予約注文」「事前注文」ということですね。
そして、コンサートチケットなどの「先行予約」には、

presales

が使われます。”pre-sale” は形容詞として “pre-sale tickets” のように使われているのをよく目にしますよ。

「予約」の英語表現まとめ

最後に、今回紹介した内容をまとめておきましょう。

席・部屋・テーブルなどを取っておく予約 → reservation / booking
人と会う約束の予約 → appointment
予約販売・予約注文 → pre-order
先行予約・先行販売 → presales

なので、スッキリ使い分けてくださいね。

“reservation” と “booking” の違いについては、次回のコラムで紹介する予定です!

予約にまつわる英語コラム

■”reservation” と “booking” の違いとは?

■覚えておくと海外のレストランで役立つフレーズ集はこちらです!↓

■歯医者や病院を電話で予約する時に役立つフレーズはこちらで詳しく紹介しています↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS