「予約」って英語でなんて言う?

“work” を使わずに家電・機械が「動く・動かない」を英語で
“Thank you”と言われたらなんて返しますか?
$4.20、$1.50 はどう読む?ドル・セントの金額の読み方

スポンサーリンク

皆さん、日頃の生活を思い出してみて下さい。

日常生活の中で何かを「予約する」ことって割と多くないですか?

友達とゴハンを食べに行く約束をした時にお店を「予約」したり、髪が伸びてきたら美容院も「予約」しますよね。

また、旅行の予定を立てる時には、新幹線や飛行機、旅館やホテルの「予約」もしなくてはいけません。

そんな日常生活の中で出てくる「予約」、ちゃんと英語で言えますか?

英語の「予約」は大きく分けて2通り

日本語ではレストランの席を取っておくのも、美容院の時間を事前に決めて電話するのも、温泉旅館の部屋を取っておくのも、全部「予約(する)」ですよね。

でも、英語では「予約」をあらわす表現・単語は1つではありません。

皆さんも耳にしたことがあると思いますが、大きく2つに分けられます。

一つは “reservation/booking”、もう一つが “appointment” です。

スポンサーリンク

どちらも日本語では「予約」と訳されるので、どちらを使ってもいいような気がしますが、英語ではこの2種類はしっかりと線引きがされていて、場面によってどちらを使うかがハッキリと決まっています。

いざという時に戸惑わないように、違いをしっかり理解しておきたいですね。

“reservation” “booking” の「予約」

レストランやホテルの「予約」の場合に使われるのが、この2つ “reservation” と “booking” です。

“reservation” は動詞の “reserve(取っておく)” から来ていて、レストランの席やホテルの部屋を「取っておくこと」という意味です。
なので他にも、飛行機やコンサート・劇場の席を「取っておく」場合の予約には “reservation” を使います。

“booking” は少しカジュアルな感じもしますが、実際には “reservation” と同じように使われています。

「予約をする」は “make a reservation/booking” という言い方が一般的ですが、動詞の “reserve” と “book” を使うこともあります。

ここで1つ注意なのは、日本語では「レストランを予約する」と言っても変ではないですが、英語では “reserve/book a table” と言うことが多いです。

同じように「ホテルを予約する」も “reserve/book a hotel” ではなく、”book a room” と言うことが多いです。

そして、レストランやホテルの受付で「予約があります」と言う場合には “I have a reservation/booking” が一般的ですが “I have a table/room booked” と言う人もいます。

“appointment” の「予約」

“appointment” は「アポ」という日本語にもなっていますよね。
日本語で「アポを取る」時ってどんな時ですか?

仕事などで誰かと会う約束をする時に「◯◯さんとアポを取る」と言いますよね。
その「アポ」のイメージそのままが “appointment” のイメージです。

でも、そうすると「予約」という言葉はどこにも出てきません。でも、それでいいんです。

オックスフォード新英英辞典の “appointment” の定義はこうです。

an arrangement to meet someone at a particular time and place

「人と(何時にどこで)会うという取り決め」と訳すと堅苦しいですが、簡単に言えば「人に会う予約」の場合に使われます。

なので “appointment” は基本的に人と会う、お医者さんの予約、歯医者・弁護士・美容師などの予約にしか使いません。

日本語では「歯医者さんとアポを取る」とは言いませんが、イメージはアポを取って会いに行く、という感じです。

そうすると当然、レストランやホテルの予約に “appointment” を使わないことが自然に分かりますよね。

Trip To The Doctor's Office #1--The Waiting Room

さらに、日本語では「アポを取る」という表現をしますが、英語では “make an appointment” となるので注意したいですね。

また、歯医者さんの受付で「ブラウン先生で11時から予約があるのですが」と言う場合は “I have an appointment with Dr Brown at 11am” と言えばOKです。

他には、こんな「予約」も

大きく分けて2通りと言いましたが、実は他にも「予約」を表す単語があります。

例えば「新しいiPhone予約しちゃった」のような「先行予約」というニュアンスの「予約」です。

これは “reservation” でも表せなくもないですが “pre-order” と表現することが多く、iPhoneなどの新機種の先行予約にも “pre-order” という単語が使われます。

この「先行予約」以外は、基本的には「何かを取っておく・おさえておく予約」が “reservation/booking”、「人と会う約束の予約」が “appointment” なので、スッキリ使い分けたいですね!

■覚えておくと海外のレストランで役立つフレーズ集はこちらです!↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS