ぜひ覚えておきたい!歯にまつわる英語あれこれ

“understand” を使わない「分かる」の表現
「私は日本人です」を英語で言うと?
「ノックする」以外に日常会話で使われる “knock” とは?

スポンサーリンク

この前、旦那さんと話をしている時に、ふと「親知らず」の話題になりました。
あの、奥歯のさらに奥に生えてくる「親知らず」です。

その時は「英語で親知らずって◯◯だよね」「そうそう。何でそんな名前になったんだろうね?」という話になったので、今回のコラムは「歯」にまつわるお話をしてみようと思います。

私もニュージーランドで歯医者さんのお世話になったこともあるので、その時の話も交えて、歯医者さんでの役立つ英語も紹介します!

いろんな「歯」を表す英語

ご存じの方もいらっしゃると思いますが「親知らず」は英語で “wisdom teeth” と言います。

“wisdom” とは「賢明(さ)、知恵」という意味があるのですが、これはWikipediaによると

物事の分別がつく年頃になってから生えてくる歯であることに由来する

ということです。

ちなみに「乳歯」は “baby teeth” と言ったり、「乳歯」の文字通り “milk teeth” とも呼ばれます。
それに対して「永久歯」は “adult teeth” や、これも日本語どおり “permanent teeth” とも言われます。

また、歯については以前、姉妹サイトの日刊ニュージーランドライフで「The PressにAKB48の板野友美が載ってた」という記事を紹介しました。

八重歯は “vampire teeth” と呼ばれることが多いですが、他の歯より飛び出ている歯のことを “snaggletooth” と言うそうです。

スポンサーリンク

また「彼女は歯並びが悪い」は “She’s got crooked teeth” と表現されます。”crook” とは「曲げる・湾曲させる」といった意味です。

歯医者で役に立つ英語

日本でも歯医者にはできれば行きたくないですが、海外で歯医者に行くのってもっと嫌ですよね。

私は以前、朝ご飯を食べていると歯の詰め物が取れてしまったので、急いで歯医者さんを探して予約をしました。

「予約」を意味する英単語には “booking・reservation・appointment” がありましたが、医者や歯医者などの「人と会う予約」には “appointment” が使われます。

そして、電話で予約をする時に「症状を教えて下さい」と言われたりします。

私の場合は「歯の詰め物が取れた」だったのですが、”One of my fillings came out” で通じました。「詰め物」は “filling” と言います。「取れた」は “fell out” なんかも使われます。

「歯が痛い」と言う場合は “I’ve got (a) toothache” ですね。

Bebe teefies!

そして、歯医者に行くと先生に「どこの歯ですか?」と聞かれるので、だいたいの位置は英語で言えるようにしておきたいですね。

「上の歯」は “upper tooth”、「下の歯」は “lower tooth” で表せます。
また「前の歯」は “front tooth”、「奥の歯」は “back tooth” です。

なので「上の奥の歯」は “upper back tooth”、「下の前の歯」は “lower front tooth” ですね。

歯を見た先生に「虫歯だね」と言われるかもしれません。
「虫歯」は “cavity” と言ったり、簡単に “bad tooth” とも言います。私の場合は先生に “decay” と言われましたが、これも虫歯を表します。

「歯を抜く」には “pull” や “pull out” が使われます。想像すると怖いですね・・・

海外で歯医者。ここに注意!

海外で歯医者に行く時に必ず注意しなくてはいけないことがあるんです。何だと思いますか?

それは、治療が始まる前に治療費がいくらになるのか必ず確認しておくことです。

保険のきかない歯の治療は信じられないほど高くなります。
私の場合も詰め物一つ直すだけで$250(2万円ほど)もかかりましたが、それでも幾つかある選択肢の中で一番安かったんです。

治療の種類によっては数千ドルもかかることがあります。

それを考えると、出来るだけ歯医者にお世話にならないように検診は定期的に受けておいたほうがいいかもしれませんね。「検診」は英語で “checkup” です。

皆さん、くれぐれも歯は大切に。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS