「痛い」って英語で言えますか?

“a/an” と “one” って何が違う?
“Thanks”、”Thank you”、”Thank you very much” どう使い分ける?
あなたはどっち?「朝型・夜型」って英語でなんて言う?

スポンサーリンク

「痛い」と言いたい時、どんな単語を思い浮かべますか?

「痛み」という名詞 “pain” や、具体的に “headache” や “toothache” のような「◯◯痛」という名詞を思い浮かべる人もいるかもしれません。

今日は、そんな名詞を使った表現だけでなく「〜が痛む」という動詞を使った表現も紹介したいと思います。
動詞を使って「痛い」を表すことも、実はとても多いんです。

名詞を使う “pain” “-ache”

「痛い」だけなら、簡単に “I have a pain” で伝わります。

具体的に「お腹が痛い」のように、どこが痛いのかを伝えるためには “I have a pain in the stomach” のように、”in” の後にどこが痛いのかを付け加えます。

または “-ache” でも表すことができます。

ただ、全ての痛みに使えるわけではなく、”stomachache” “headache” “toothache” “backache”など、限定的にしか使いません。他には、私はあまり聞いたことがないのですが、English Vocabulary in Useによると “earache” とも言うようです。

では、”pain” と “ache” の違いって何なのでしょうか?
オックスフォード新英英辞典によると、

pain: highly unpleasant physical sensation caused by illness or injury
ache: a continuous or prolonged dull pain in a part of one’s body

“pain” は病気や怪我の「痛み」を表して、”ache” は持続したり長引く鈍い痛みを表すようです。

スポンサーリンク

ただ、”headache” の時に飲む薬は “painkiller(鎮痛剤・痛み止め)” です。
“achekiller” というのは聞いたことがありません。

動詞を使う “hurt” “ache”

動詞を使った「痛い」には、どんなものがあるでしょうか?
普段、私が一番よく耳にするのが “hurt” です。

これは「(体の部分が)痛む」という意味なので、”My leg hurts(脚が痛い)” のように「痛い部分」が主語になります。

“I hurt my leg” と言うと「私は脚を痛めた」という意味になります。

“hurt” は上の例ように、どこが痛いかも言えますし、ただ “It really hurts” だけで「すごく痛い」のようにも使える便利な単語です。

お医者さんが聞く「どこが痛いですか?」は “Where does it hurt?” などと言いますし「すごく痛いですか?」も “Does it hurt much?” と聞くことができます。

help i need somebody

また、さきほど名詞で出てきた “ache” も動詞として使うことができるんです。

これは「持続する、そんなに強くない痛み」に使って、”hurt” と同じく「痛い部分」を主語にして使うことが多いです。

“My legs are aching” といった感じです。

形容詞を使う “painful” “sore”

「痛い」を表すのに、形容詞を使うこともあります。
その一つが “painful” です。

例えば、友達が包丁で指をで切ってしまったとします。

その傷口を見てあなたは “It looks painful(痛そうだね)” と言うふうにも使えますし、それに対して友達は “It’s quite painful” と返すかもしれません。

その他にも “sore” という形容詞を使って「痛い」を表すことも多いです。

“sore” は炎症で赤くなっている「痛い」や、打撲した時の青あざが「痛い」、運動で筋肉を使いすぎた「痛い」などに使われます。血が流れる「痛い」ではないイメージですね。

“sore” を使う定番は “I have a sore throat(喉が痛い)” です。

「筋肉痛で脚が痛い」は “I’ve got sore legs” や “My legs are sore” で表せますし、”I’m really sore” と言えば「体じゅうが痛い」というニュアンスを出すこともできます。

ただ、炎症や筋肉痛以外でも、飛行機に乗って耳が痛くなった時に “I’ve got sore ears” や “I have sore ears” のようにいうことがあるので、”sore” はなかなか幅広く使える単語です。

「痛っ!」

ケガをした時に反射的に出る「痛っ!」は、皆さんご存じの通り “Ouch!” です。

例えば、小さな兄弟がケンカをしていて、お兄ちゃんが弟を叩いた時に、弟は “Ouch!” と言いますが、その後にお母さんに「痛いよー」と言う時には “It hurts” などと言います。

“Ouch” は、その瞬間の反射的な「痛っ!」という場面でしか使えません。

「痛い」の表現は色々ありますが、場面や痛みの種類によって使う表現が変わったりするので、まずは自分で使ってみて、実際の使い方に慣れるのが大切ですね。

怪我をしたり体調が悪い時に頼れるのが、薬。そんな「薬」にまつわる英語表現はこちらで紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください!


■体調が悪い時に役立つ表現はこちらです↓!


こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS