「自分で」は “myself” ? それとも “by myself” ?

「インフルエンザにかかった」って英語でなんて言う?
いろんな食感を英語で言えますか?
「洗濯する」「洗濯物」って英語でなんて言う?

スポンサーリンク

「このケーキ、どこで買ってきたの?」「自分で作ったんだよ」
これを英語で言うと、どうなるでしょうか?

“Where did you buy this cake?” に対する答えは、

  1. I made it myself.
  2. I made it by myself

のどちらがが正しいのでしょうか?

“myself” と “by myself” の区別があやふやな方はいませんか?
今回は、会話の中で意外とよく使う「自分で」の表現をおさらいしてみたいと思います。

「自分で作りました」を英語で言うと?

一見、簡単に言えそうな「自分で」ですが、言おうとすると意外に言えなかったりする表現の一つだと思います。

「自分で」は学校でどう習ったでしょうか?

私の記憶では「自分で=by myself」と習ったような気がするので、私はずっと “by myself” を使っていました。

スポンサーリンク

例えば「このケーキは自分で作った」は “I made this cake by myself” という感じです。

でも、ニュージーランドで生活するようになって、周りの人が使っている表現を聞いていて「なんか違うな…」と思い始めたんです。

「自分自身で」を表す “myself”

例えば、上の「自分で作った」のように言う場合、周りのニュージーランドの人たちは “myself” と表現していることに気付きました。

  • I made the cake myself.
    そのケーキは自分で作りました
  • I made these earrings myself.
    このイヤリングは自分で作りました

といった感じです。
私が正しいと思い込んで使っていた “by myself” は、こういう場面では出てきません。

pavlova
© nzlife.net

English Grammar in Useで調べてみると “myself” の使い方の説明は、こんなふうに書いてあります。

例文: “Who repaired your bike for you?” “I repaired it myself”

I repaired it myself = I repaired it, not anybody else. Here, myself is used to emphasise ‘I’ (= it makes it stronger)

そして、こんな例文が載っています。

・Let’s paint the house ourselves. It will be cheaper.
・I’m not going to do your work for you. You can do it yourself.
・”Who cuts Brian’s hair for him?” “Nobody. He cuts it himself”

“myself” は「他の誰でもない自分がした」「自分自身でした」を強調する言い方なんですね。

スポンサーリンク

では、”by myself” との違いって、一体何なのでしょうか?

「自分一人きりで」を表す “by myself”

“by oneself” の意味をオックスフォード現代英英辞典で見てみると、こう書いてあります。

1: alone; without anyone else
2: without help

“myself” が「誰が→自分が」に焦点が当たっているのに対して、”by myself” は「一人で、独力で」を強調する言い方です。

  • I like living by myself.
    一人暮らしが好きだ
  • Did you go on holiday by yourself? −No, with a friend.
    「1人で休暇旅行に行ったの?」「違うよ。友達と」
  • I went out to dinner by myself.
    1人で夕食を食べに行きました

と、こんなふうに「一人きりで」を表すのが “by myself” です。

そして、この “by myself” をもっと強調するのが “all by myself”。セリーヌ・ディオンの曲名にもありましたよね。

ずいぶん前の話になりますが、ラスベガス空港で一晩足止めを食ったある男性が、誰もいない夜の空港で『All By myself』の曲に合わせて撮った動画が世界的に話題になりました。

“all by myself(独りぼっち)” のニュアンスがよく伝わってきて笑えるので、まだ見ていない方はゼヒ↓

スポンサーリンク

また、”all by myself” は、大変なことを他人の力を借りずに「たった一人で成し遂げた」を表す場合にも使います。

上に出てきた辞書の定義の2番(=without help)の使い方ですね。

“myself” と “by myself” の違い

“myself” と “by myself” の使い分けはスッキリしましたか?

上の例文を使って整理してみると、

  • I repaired it myself.
    → 自分で修理した ※誰がした(=自分)を強調
  • I repaired it by myself.
    → 自分一人で修理した ※一人で(=独力で)を強調

となります。「自分で」「一人で」は会話の中でも割とよく出てくる表現だと思うので、しっかり使い分けてどんどん使ってみて下さいね!

■”by myself” は “on my own” で表されることもあります↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS