Home英語コラム

“How much do I owe you?” の意味とは?

“tell” の絶対に覚えておきたい意味「分かる」
ネイティブがよく使う “be looking to do” ってどんな意味?
出身地を英語で聞く・話す時に役立つ表現

スポンサーリンク

“How much do I owe you?” ってどんな意味だと思いますか?

日本ではあまり習わないような気がしますが、ネイティブがよく使うフレーズの一つです。

今回は “How much do I owe you?” の意味と使い方、そしてもう少しカジュアルな言い方もあわせて紹介します!

“How much do I owe you?” の意味とは?

これは簡単に言ってしまうと、

いくら支払えばいいですか?
いくらですか?
いくらだった?

という意味になります。

例えば、同僚にランチやドリンクを買ってきてもらったり、割り勘の食事を誰かがまとめて立て替えてくれて、後から「いくらだった?」「いくら払えばいい?」と聞くような場面でよく使われます。

以前カフェ・レストランで働いていたときには、食事が終わってレジに支払いに来たときに、

  • How much do I owe you?

と、お財布を取り出しながら言うお客さんも多かったです。

こんなふうに、お金を払わないといけないけど、いくら支払ったらいいか分からないような場面で「おいくらですか?」「いくら支払えばいいですか?」と支払い相手に尋ねる場面でよく使われます。

スポンサーリンク

では、”How much do I owe you?” がなぜこんな意味になるのでしょうか?

“owe” の意味

“How much do I owe you?” の意味が分からないとしたら、おそらく “owe” の意味が分からないことがほとんどだと思います。あんまり親しみのない単語ですよね。

“owe” の意味は、ちょっと長いですがこんな分かりやすく書かれた定義があります↓

to need to pay someone for something that they have done for you or sold to you, or to need to give someone back money that they have lent you

ロングマン現代英英辞典

誰かに何かお金を返さないといけなかったり、何か買ってもらったりしてお金を支払わないといけない、といった意味です。「借りがある」とも言えますね。

なので、”How much do I owe you?” は直訳すると「私はあなたにいくら借りがありますか?」です。

だから、上にも出てきたみたいに、誰かが何かを買ってきてくれたり、立て替えておいてくれたお金を後から返すときの「いくら払えばいい?」「いくらだった?」という場面にぴったりなんですね。

飲食店などでも食べてからレジで支払う場合に「いくらですか?」と聞くことがありますよね。そんな場面でも使えます。
ただ、自分が伝票をもっていて金額が分かっている場合には使わないかなと思います。

また「借りがある」が “owe” なので、まだ買っていないものを「いくらですか?」と値段を尋ねるときには使えませんよ。

“owe you” の使い方

“How much do I owe you?” を使う場面は上で紹介したとおりですが、”owe” の使い方を少しだけ挙げてみると、例えば、

スポンサーリンク

  • How much do I owe you for the coffee?
    コーヒー代はいくら支払えばいい?
    コーヒー代、いくらだった?

みたいに、立て替えてもらったお金を後から返すときに使ったり、相手に1,000円立て替えてもらっていてまだ返していないなら、

  • I still owe you 1,000 yen.
    君にまだ1000円借りがある、借りている

となります。

逆に、こんなこともありました。以前、レジで会計を済ませた後にオーバーチャージされているのに気付いてお店の人にレシートを見せると、

  • Oh, sorry. We owe you $15.

のように言いながら返金してくれたこともあります。これは「お店の人が私に借りがある」なので、多く取りすぎたお金を私に返さないといけないということですね。

“What do I owe you?” も同じ意味

“How much do I owe you?” よりも少しカジュアルな言い方で、

  • What do I owe you?

というのもあります。意味は同じなので、親しい友達などには問題なく使えますよ。

“How much do I owe you?” とあわせて、何かを立て替えてもらってお金を返すときに便利なフレーズなので、ぜひ使ってみてくださいね。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS