Home英語コラム

「間違える」って英語で何て言う?

思い出せない時に使う「〜だっけ?」を英語で表す方法
「そのうち」って英語で何て言う?
「(予定通り)行われる、決行される」って英語で何て言う?

スポンサーリンク

「間違える」を英語で言うと?と聞かれたら、あなたは何て答えますか?

“make a mistake” を思い浮かべた人も多いかもしれません。

確かに “make a mistake” は「間違える」ですが、他にも口語でとてもよく使われる、知っておくと役に立つ「間違える」もあるんです。

「間違える」を英語で言うと?

「間違える」の英語と言えば “make a mistake” というフレーズを学校で習いましたよね。

先日、私がメールマガジンを登録しているショップからメールが届いて、そのタイトルが

  • Oops, we made a mistake.

でした。内容は、その前に送られてきていたメルマガに書かれていたセール内容が間違えていた、というものでした。

こんなふうに “make a mistake” は「間違える(ミスをする)」を表す場合に使われるベーシックな表現ですが、実は他にもとてもよく使われる表現があります。

例えば、娘を眼科に連れて行ったときのこと。視力検査が始まり、片目を隠されて「これは何?」と先生に聞かれたところ、娘はよく見えなかったらしく「うーん…」と考えていると、先生がこう言いました。

スポンサーリンク

「間違えても構わないのよ」と。実際には、

と言ったのですが、上の○の部分にはそれぞれどんな単語が入ると思いますか?

副詞の “wrong” で表す「間違える」

先生が言ったのは、

  • It doesn’t matter if you get it wrong.

でした。こんな、副詞の “wrong” を使った「間違える」「間違えた」は口語でとってもよく使われます。例えば “get 〜 wrong” は、

  • I got the time wrong and missed the meeting.
    時間を間違えてミーティングに出席し損なった
  • I’m sorry I got your name wrong.
    あなたの名前を間違えてすみません
  • I got two wrong out of 50 (questions).
    50問中、2問間違えました
  • Sorry, we got the price wrong. It is $1,000 not $100.
    値段を間違えました。100ドルではなく1000ドルです

“get” 以外の動詞を使って「動詞+wrong」という形で「間違って〜する」を表すこともよくありますよ。

  • You’re doing it wrong.
    やり方を間違えてるよ
  • He spelled my name wrong.
    彼は私の名前のスペリングを間違えた
  • What am I doing wrong?
    私は何を間違えているんだろう(何がいけないんだろう)?

スポンサーリンク

「動詞+wrong」といえば「get++wrong」や「hear++wrong」なんかも口語でよく出てきますよ。

  • Don’t get me wrong.
    誤解しないでね
  • I didn’t say that. −Oh, I must’ve heard you wrong then.
    「私そんなこと言ってないよ」「じゃ、聞き間違えたに違いない」

形容詞の “wrong” で表す「間違えた」

副詞の “wrong” の他に、形容詞の “wrong” も「間違える、間違えた」を表す、とってもナチュラルな表現です。

この場合は「wrong+名詞」という形で「間違った(違う)〜」という意味になりますが、日本語で言う「〜を間違えた」を表すときにピッタリなんです。

  • I got on the wrong train.
    乗る電車を間違えました
  • I got off at the wrong station.
    降りる駅を間違えました
  • I bought the wrong size.
    サイズを間違えて買いました

■「間違えて〜した」の英語表現はこちら↓

■”wrong” の使い方はこちらでも紹介しています↓


スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS