“Let’s 〜” の否定形は?「〜しないでおこう」って英語で何て言う?

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。

スポンサーリンク

「レッツ ○○!」

「〜しようよ」と提案する英語表現ですよね。

では、反対に「〜しないでおこう」「〜するのはやめておこう」って否定形で言いたい場合って、どう言えばいいのでしょうか?

この記事の目次

“Let’s 〜” の否定形は?

“Let’s 〜” の否定形を作る前に、まずは “Let’s” って何なの?をサラッとおさらいしてみましょう。

“Let’s” とは “Let us” の短縮形ですが、

Let’s do something

で口語で「〜しよう」「〜しましょう」と提案する時に使う表現でしたよね。

  • Let’s go for a drink.
    飲みに行きましょう
  • Let’s order pizza tonight.
    今夜はピザを取ろうよ
  • Let’s get started.
    さぁ、始めましょう
  • Let’s move on to the next topic.
    次のトピックに移りましょう
  • Let’s party!
    パーっとやろう!
    (盛り上がろう!はしゃごう!のニュアンス)

“Let’s” の後ろは必ず動詞の原形です(上の “party” も動詞です)。”Let’s cooking!” みたいには言いませんので、ご注意を。

では、反対に「〜しないでおこう」「〜するのはやめておこう」と否定のニュアンスを持たせるには、どうすればいいのでしょうか?

以下のどれが正解だと思いますか?

  1. Let’s don’t 〜.
  2. Let’s not 〜.
  3. Don’t let’s 〜.

スポンサーリンク

“Let’s 〜” の否定形、正解は…

正解は…2番の “Let’s not 〜” です。

Let’s not do something

で「〜しないでおこう」「〜しないようにしよう」「〜するのはやめておこう」といった提案を表します。例えば、

  • Let’s not go out tonight.
    今夜は出かけないでおこう
  • Let’s not talk about that.
    それについて話すのはやめよう
  • Let’s not worry about that.
    そのことを心配するのはやめよう(考えるのはやめよう)
  • Let’s not tell her.
    彼女に言わないでおこう

また、ただの提案というよりも「〜しないで」のやんわりしたバージョンとして「〜しないようにしよう」というニュアンスで使うこともありますよ。

  • Let’s not judge people too quickly.
    人をどんな人間かすぐに判断しないようにしよう
  • Let’s not jump to conclusions.
    早とちりしないようにしましょう

人に注意する場合には “Don’t 〜” を使いたくなりますが、”Don’t 〜” は「(人に対して)〜しないで」です。それに対して “Let’s not 〜” の場合は「(自分も含めて)〜しないようにしましょう」という注意喚起的なニュアンスになるので、柔らかい表現になるのかもしれません。

娘が通っていたニュージーランドの幼稚園でも、園庭で昆虫を見つけた子供たちに先生が、

  • Let’s not disturb him.
    そっとしておいてあげようね
    (邪魔しないでおこうね)

みたいに言っているのを耳にしたことがあります。

他にもあった!”Let’s 〜” の否定形

“Let’s 〜” の否定形は “Let’s not 〜” が一般的ですが、実は他にも正解があります。

それは、”Don’t let’s 〜” です。英英辞書にはこんなふうに書かれています↓

スポンサーリンク

There are two negative forms of let’slet’s not and don’t let’sLet’s not is more common:

Cambridge Dictionary

We sometimes use don’t let’s in more formal contexts:

Cambridge Dictionary

私は “Don’t let’s 〜” が使われているのを耳にしたことも目にしたこともないので、”Don’t let’s 〜” というフレーズがあるのに驚きました。普段の会話では基本の “Let’s not 〜” で覚えておけば問題ないと思います。

提案する時に役立つフレーズ

■”Let’s 〜” の代わりにネイティブがよく使う、サラッと提案する時のフレーズ “Why don’t we 〜?” はこちらで紹介しています↓

■「〜したほうがいいかもよ」と提案する時には “You might want to 〜” なんかもよく使いますよ↓

よければシェア・保存してね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次