けっこう便利!名詞を一瞬で形容詞に変える方法

“Shall I 〜 ?” は使わない?
“difficult” を使わずに「難しい」を英語で
「イギリス」って英語で何て言う?

スポンサーリンク

なんだか小難しいタイトルになってしまいましたが、今日は英語ってオモシロいと個人的に感じたことを書いてみたいと思います。

それは “名詞を形容詞に変える簡単な法則” です。

私は日本にいた時にはネイティブスピーカーと会話をする機会がほとんどありませんでしたが、ニュージーランドに来てニュージーランド人が話す英語を聞いているうちに、英語にもこんな活用法があるんだ!と知りました。

今日は、そんなネイティブがよく口にする、オドロキの使用法を紹介します。

名詞 + “y” =形容詞

形容詞と言えば、どんなものを思い浮かべますか?
kind、sweet、cheap、good・・・キリがないほどたくさんありますよね。

そんな数ある形容詞の中でも、私が驚いたのは、名詞+”y” で形容詞を簡単に作っちゃう方法です。

meaty、sugary、peppery、roomy、homey、watery、soapy、などなど。そんな形容詞いままで聞いたことないよ!というものをたっくさん耳にしました。

先日もワイナリーに行って試飲をした時に、cellar doorの人がある白ワインの説明で “appley” という言葉を使っていました。「りんごの香りがする」というような意味らしく、今まで聞いたことが無くても意味が分からなくはないですが、そんな風に使う?!とちょっと笑ってしまいました。

TUATARA beer

↑ ニュージーランドのTUATARAというクラフトビールの小麦ビール。ラベルにある通り “WHEATY” なお味でした。

スポンサーリンク

中でも私の人生でびっくり度ナンバーワンだったのは・・ “Christmassy” です。

「クリスマスの」とか「クリスマスっぽい」といった意味で使われるようですが、そんな “y” の使い手に会ったのは初めてだったので『Christmassyって!』と、ついついツッコんでしまいました(笑)

よく考えればいっぱいある “y” 形容詞

上で紹介した例は、今まで聞いたことがないから不思議でしたが、よく考えてみれば、名詞 + “y” で終る形容詞はたくさんありますよね。

windy、sunny、curly、creamy、wavy、healthy、なども全部、名詞 + “y” です。
これらは聞き慣れているだけで違和感がないのですが、たまに違和感いっぱいのものを聞くと、英語って意外と自由でオモシロいなぁと思います。

ちょっと話は逸れますが・・・

この話を書いていて、あることを思い出したので、おまけの話です。
“-ish” って聞いたことありますか?

“greenish” というような使い方をすれば「緑がかった」という意味になるのですが、実はこれ、かなり便利な使い方もあるんです。

“-ish” のちょっと曖昧な感じをそのまま “時間” にも使えるんです。
例えば「今晩ウチに遊びにくるの何時ぐらいにする?」「sevenish?」というふうに使ったりします。

何時、ときっちり決めないで、◯時ぐらいと言いたい時に使う、会話でしょっちゅう出てくる便利フレーズなので、初耳の方は覚えておいてソンはないですよ!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS