“cry” の「泣く」以外の意味とは?

イマイチ正体がつかめない “freak out” の意味とは?
「ちょっと顔を出すよ」って英語でなんて言う?
教科書には載っていない “nail” の使い方

スポンサーリンク

日常生活の中で、ふとした瞬間に「この単語ってこんな意味もあったんだ!」と発見したことはありませんか?

自分が知っている単語の知らなかった意外な意味を知ると、私はなんだか嬉しくなります。

今回はそんな私の体験から、”cry” という単語を取り上げたいと思います。

“cry” と言えば「泣く」という意味が有名ですよね。では、それ以外にどんな意味をがあるのでしょうか?

本の中に特によく出てくる “cry”

今回紹介する “cry” の「泣く」ではない意味は、図書館から借りてきた本を娘と読んでいるときに発見しました。

その絵本は『Goodnight Tiger』という本で、なかなか寝付けない小さな女の子の寝室にトラ・ゾウ・カバ・ゴリラが出てくるという楽しいお話なのですが、その中にこんなシーンがあります。

“We can have a bedtime story!” she said.
“Yes please!” cried the animals.

と、動物たちがベッドタイムストーリーにワクワクしている場面なのですが、なぜか “cried” したと書いてあります。(”the animals cried” ではなく倒置になっていますが、絵本ではこういった倒置がよく出てきます)

絵を見ても、全く「泣く」場面ではなく、動物たちは楽しそうにしています。

スポンサーリンク

では、この “cry” はどんな意味なのでしょうか?

I cry if i want to...

“cry” の「泣く」以外の意味とは?

動詞の “cry” の意味は、大きく分けてこの3つです↓

  1. to produce tears from your eyes, usually because you are unhappy or hurt
  2. [written] to shout or say something loudly
  3. if animals or birds cry, they make a loud sound
    (ロングマン現代英英辞典)

1番はおなじみの「泣く」ですね。そして2番がこの絵本に出てきた “cry” です。「〜と叫ぶ、大きな声で言う」という意味ですね。

なので、”cried the animals” は「動物たちは泣いた」ではなく「叫んだ」ということになります。”Yes please!” と叫んだんですね。それなら納得です。

上の辞書の定義に [written] と書いてあるように、こんな、

  • “セリフ(〜 !)”+cried+主語
  • “セリフ(〜 !)”+主語+cried

は本の中でよく見かけますが、特に「!」がついたセリフの後に “cry” が使われているのをよく目にします。

cried

ちなみに、3番目の “cry” は「動物が吠える、鳥たちが鳴く」に使われます。大きな声を出す、というのが “cry” のイメージですね。

スポンサーリンク

“cry” と言えば「ウォークライ(war cry)」

“cry” に「叫ぶ」という意味があるのを知ったとき、私の頭に真っ先に浮かんできたのが「ウォークライ(war cry)」でした。

「ウォークライ」って聞いたことはありますか?

一番有名なのはラグビーニュージーランド代表のオールブラックス(All Blacks)が試合前に行う「ハカ(Haka)」だと思います↓

一般的に “war cry” とは戦いの際に上げる雄叫びのことですが、ニュージーランドには先住民族であるマオリ族が戦いの前に行っていた、上のような「ハカ(Haka)」があります。

“cry” の「叫ぶ」の意味を知る前は「なんで “cry(泣く)” という単語が入ってるんだろう?」ぐらいに思っていたのですが、これは「叫び」という意味の “cry” だったんですね。確かに、めっちゃ叫んでいます。

今年9月に日本で開催されるラグビーワールドカップでもオールブラックスのハカが見られると思うと、今から楽しみです。

意外な意味を持つ単語

以下のコラムでは、英単語のよく知られた意味ではない意味を取り上げています。ぜひあわせてご覧ください!

■”after” の「〜の後に」ではない、会話でとてもよく使われる意味とは?

スポンサーリンク

■「大きい」と全く関係ない “at large” ってどんな意味?

■「短い」以外で、日常生活に出てくる “short” の意味とは?

■”tea” の「紅茶」以外の意味とは?

■”copy” の「コピー」以外の意味はこちら↓

■「電車」ではない “train” の意味とは?

■「雑誌」ではない “magazine” の意味はこちらで紹介しています↓

■「脚」ではない “leg” の意味とは?

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS