「雑誌」ではない “magazine” の意味とは?

英語で読むことの重要性
スペルが激似!間違えやすい単語たち
『アラジン』の “a whole new world(ホール・ニュー・ワールド)” の意味とは?

スポンサーリンク

日本でも引き続き報道されている、ニュージーランドで起きたモスクでの銃乱射事件。

日本のニュースサイトを見ていたら、ある文章に目が留まりました。

目撃者の証言として「玄関の方を見ると、ヘルメットのようなものをかぶり、手に雑誌と大きな銃を手にした男が立っていた」と書かれていました。

雑誌?なぜ犯人は雑誌なんて持っていたのでしょうか?

これはおそらく、”magazine” の意味を取り違えたのだと思われます。

“magazine” には「雑誌」以外の意味もある

“magazine” の意味は?と聞かれたら、多くの人が「雑誌」と答えると思います。

そして、今回の事件の報道でも “magazine(s)” という単語がちらほら出てきているのも確かです。例えば、

  • Christchurch mosque shootings: Gunman ‘had magazines strapped to his legs’(nzherald.co.nz)
  • The Christchurch mosque shooter was able to get hold of large capacity magazines with ease(stuff.co.nz)
  • A witness told AAP the shooter changed magazines seven times after opening fire(tvnz.co.nz)

みたいな感じです。

スポンサーリンク

でも「雑誌を足にくくりつけていた」って奇妙ですよね。”large capacity magazines” は「大容量の雑誌」では意味が通じませんし、「雑誌を7回も交換した」もイメージできません。

その理由は、これらの “magazine” は「雑誌」ではないからです。

a colletion of magazines

“magazine” には「弾倉」という意味もある

“magazine” には「雑誌」だけではなく、銃の「弾倉」という意味があるんです。

the part of a gun that holds the bullets
(ロングマン現代英英辞典)

銃の弾丸が収まっている部分=弾倉ですね。この部分が “magazine” と呼ばれます。

なので、英語の報道をいくつか見る限り、犯人が持っていたのは「雑誌」ではなく「弾倉」だと思います。

「いくつもの弾倉を足に巻きつけていた」「大容量の弾倉を容易に手に入れることができた」「弾倉を7回も交換した」ということですね。

この “magazine” は、”a 30-round magazine(30発入りの弾倉)” や “a large/high-capacity magazine” のように使われます。

また「弾倉」以外にも「武器倉庫、弾薬庫」といった意味もあります。

スポンサーリンク

“magazine” の略語、”mag”

最後に、”magazine” の略語のお話を少し。

“magazine” はカジュアルな表現では “mag” と略されることが結構あります。”magazine” の最初の3文字ですね。

  • I love fashion mags.
    ファッション雑誌が好きです
  • I saw it in the inflight mag.
    それ、機内誌で見たよ

みたいな感じですね。ちなみに「マグカップ」の「マグ」は “mug” なので、スペリングがちょっと違います。ご注意ください。

意味を取りちがえやすい単語

以下のコラムでは、よく知られた単語が持つ「別の意味」を紹介しています。ぜひ合わせてご覧ください!

■”for good” の意味は「良い」とは関係ありません↓

■”at large” も「大きい」とは関係ない意味があるんです↓

■「短い」以外の “short” の意味とは?

■”train” が持つ「電車」以外の意味とは?↓

■”What’s for pudding?” の “pudding” は「プリン」ではありません↓

スポンサーリンク

■”tea” の「紅茶」以外の意味とは?

■”pet name” は「ペットの名前」ではありません↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS