ワンランク上のThank youの使い方

“grandmother” だけじゃない、英語の「おばあちゃん」
“opposite” よりナチュラルな「反対」「逆」
「ポッコリお腹」って英語で何て言う?

スポンサーリンク

英語の授業で一番最初に習うと言っても過言ではない “Thank you”。意味は言うまでもなく「ありがとう」ですね。

日本人の誰もが知っているこのフレーズですが、私がニュージーランドで生活を始めて、周りのネイティブの人が使っているのを聞いていると、ただの “Thank you” も、ちょっとしたコツでネイティブっぽくなることを発見しました。

今日はそんな “Thank you” にまつわるお話です。

Thank you+名前を付けてみる

例えば、友達に何かをしてもらった場合、”Thank you” は反射的に口から出てくると思いますが、ネイティブの人たちは “Thank you, ◯◯”と、かなりの頻度で相手の名前を最後に付けます。

日本語では「ありがとう」のひとことで済ませてしまうことが多いので、日本人には最初はちょっとした抵抗があるかもしれませんが、ぜひ試してみてください。相手はきっと親しみを感じてくれるはずです。

余談ですが、私が初めてニュージーランドでバスに乗った時に驚いたことがありました。

それは、乗客が降りる時に “Thank you, driver” と運転手に声をかけて降りていくことです。それもかなり多くの人がそうしていて、ちょっとしたカルチャーショックでした。

Thank You

何にThank youなのか言ってみる

二つ目は、文法の授業で習った “Thank you for 〜” です。「〜してくれてありがとう」と具体的に述べてみましょう。

例えば、何かを手伝ってもらった時に “Thank you for your help” や「コーヒー飲む?」と聞かれていらない場合も “I’m good, but thank you for asking” といったカンジです。

スポンサーリンク

また、就職の面接など、わざわざ自分のために時間を割いてもらったような時には “Thank you for your time” もよく使われますし、何にありがとうか具体的に言わない場合にも “Thank you for that” といったふうに使われます。

いつも”Thank you.”の一言だけで済ませているところを、ちょっと具体的に言ってみましょう。会話がグンと生きた感じになってきますよ。

Sorryの代りにThank youと言ってみる

日本語ではお礼の言葉として「すみません」と言うことがありますよね。でも英語では、お礼は “Thank you”。何か相手に悪いことをした時にだけ “Sorry” を使います。

例えば、道を譲ってあげたときでも “Thank you” と言われることが圧倒的に多く、”Sorry” と言われることは滅多にありません。”Sorry” を間違えたシチュエーションで使うと、逆に”Sorry for what?”と言われることもあります。

“Sorry…” と言ってしまいそうなシチュエーションでも、英語で話すときには “Thank you!” に置き換えて、どんどん使ってみましょう!

とてもよく使う “Thank you” だからこそ、今回紹介したようなちょっとしたことを意識したいですね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS