使い方には注意したい「少々お待ちください」

教科書には載っていない “nail” の使い方
「新入社員」「新人」って英語でなんて言う?
スッキリ使い分け!「列」を表す英単語

スポンサーリンク

以前、日本で歯医者に予約の電話をした時のこと。
症状を伝え、予約希望日を伝えると「お待ちください」と言われ、保留にされました。

こんなふうに、ビジネスの電話でも相手に待ってもらいたい時に「少々お待ちください」と保留にするのは珍しいことではありませんよね。

でも、私はここでちょっと違和感を感じたんです。

電話だけでなく英語で接客をすることがある方にも、ちょっと知っておいてもらいたいなと思うことを書いてみたいと思います。

「少々お待ちください」は英語で何て言う?

まずは英語で電話応対や接客をするときの「少々お待ちください」を表すフレーズを見てみましょう。
ザッと思いついたものを挙げてみると、

【電話で】

  • Hold on, please.
  • Please hold.
  • Just a moment, please.
  • One moment, please.

【対面の接客で】

  • Can you wait a moment, please?
  • Please wait a moment.
  • One moment, please.

などがあるかと思います。
英語で応対する際に、こういったフレーズを知っておくのはとても大事だと思いますが、実はもっと大切なことがあるんです。

「少々お待ちください」の違和感

冒頭に登場した、歯医者の予約の電話に話を戻しましょう。
この会話は英語ではなく日本語だったのですが「お待ちください」こそが、私が感じた違和感だったんです。

スポンサーリンク

具体的に言うと、何に対して「待つ」のかを知らされないまま「お待ちください」と言われることに違和感を感じたんです。

私も日本で生活をしていたときには何も感じなかったのですが、ニュージーランドで生活をしていると、電話でも対面の接客でも待たされる時には「◯◯するね」「◯◯するからちょっと待ってね」と言われることが圧倒的に多いです。

例えば、電話で病院の予約をする時も “I’d like to make an appointment with Dr.◯◯ tomorrow” と言うと「お待ちください」のフレーズではなく “I’ll see when he’s available tomorrow” のように言われます。
また、誰かに電話をつないで欲しい時にも “Is Brian available?” などと言うと、”One moment, please” だけではなく “I’ll put you through(おつなぎします)” と言われることが多いです。

こんなふうに、ただ「お待ちください」と言うのではなく、自分が「何をする」のか「何をするから待って欲しい」のかを伝えることが大切だと思います。

President Trump's First 100 Days: 6

特に英語でのコミュニケーションに慣れていない場合、ただ単に「待ってください」と言ってその場からいなくなったり電話を保留にしたりすると、相手は何が起こっているのか分からず、不安になったりイライラの原因になることもあります。

「少々お待ちください」の代わりに

電話を誰かにつなぐ場合には、先ほどもちらっと紹介したように、”I’ll put you through” はぜひ覚えておきたいですね。

他にも、何かを調べたり確認するために相手を待たせるのなら “I’ll check 〜” や “Let me check”、”I’ll see if 〜” なども使えると思います。
その上で “One moment, please” と言われると、相手は何のために待つのかが分かりますよね。

また、接客ですぐにお客さんの用件を聞けない時にも “Wait a moment” ではなく、

  • I’ll be right back.
  • I’ll be back in a minute.
  • I’ll be right with you.

などと言うことも多いです。「待ってください」ではなく「すぐに伺います」といったニュアンスですね。

英語が分かる人を呼んでくるから待ってて欲しいのなら、ただ「待って」と言うのではなく、”I’ll get someone who speaks English” と伝えるといいと思います。

英語と日本語の習慣の違い

「少々お待ちください」って、普段何気なく使っている人もきっと多いと思います。
日本では、特に違和感もない、ごく普通の表現だと思います。

でも、以前にも紹介したように、英語ではイチイチ「◯◯するね」のように、これから自分が何をするのか(しようとしているのか)を口に出して言う、という習慣があります。

日本では口に出さずにサラッと行動することが多いので、この習慣に違和感があるかもしれませんが、そんな違いからも英語で「少々お待ちください」を言いそうになった時には、今回のコラムを思い出してもらえたらいいなと思います。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS