「前向きな」だけじゃない英語の “positive”

「恥ずかしい」って英語で何て言う?
“Do your best” は「頑張ってね」ではない
イマイチ分かりにくい “due” って何?

スポンサーリンク

「ポジティブ」と言うと、どんなイメージがありますか?

「ポジティブ」は、もはや日本語にもなっていますが「ポジティブな人」や「ポジティブに考える」といった使い方をしますよね。

「前向きな」といった意味で使われることが多い日本語の「ポジティブ」。

もちろん英語の “positive” にも、それに似た意味もありますが、会話の中では違う意味で使われることも多いんです。

「ポジティブに考える」

日本語でも「ポジティブに考える」と言いますが、英語でも “positive thinking” や “positive attitude” のような使い方をします。

これはオックスフォード新英英辞典によると、

constructive, optimistic, or confident

となっています。「建設的な、楽天的な、自信に満ちた」という意味ですね。

日本語の「ポジティブ」は “optimistic” の意味が強いようにも感じますが、英語の “positive” はそれだけではありません。”constructive” や “confident” というニュアンスも含まれています。

と、ここまでは日本語の「ポジティブ」から想像できる範囲内だと思いますが、会話の中に出てくる “positive” は、使い方がまたちょっと違うんです。

スポンサーリンク

「私はポジティブです」

例えば、会話の中ではこんなふうに使われます。

Aさん:Are you sure you locked the door?
Bさん:I’m positive. I double-checked.

AさんがBさんに、ドアにちゃんとカギをかけたかどうか質問している場面です。

Bさんの答えに “positive” が使われていますが、ここで「私は前向きです」という訳はおかしいですよね。

“positive” には、実はこんな意味もあるんです。

completely sure that something is correct or true

会話ではよく “Are you sure?” と、相手が言ったことを本当かどうか確かめるフレーズがありますが、”positive” も、この “sure” とよく似た使い方をします。

“I’m sure” は気軽にいろんな場面で使われるフレーズですが、”I’m positive” はかなり確信が強い時・疑いの余地がない場合に使われることが多いです。

なので、上の会話でAさんに「ちゃんとドアにカギをかけた?」と尋ねられたBさんの答えは「間違いないよ。ダブルチェックしたよ」と、強い確信を持って答えています。

Lucky door

こんな “positive” も

英語の “positive” は「(検査結果などが)陽性の」という意味もあります。

オックスフォード現代英英辞典には、こんな例文が載っています。

The athlete tested positive for steroids

検査の結果ステロイド(陽性)反応が出た、ということですね。

また、バッテリーの「プラス極」も “positive” を使って “positive terminal” と表現したりします。

そう言えば、日本語では「ポジティブ思考」のことを「プラス思考」とも言うので、「プラス」が「ポジティブ」というのは理解できるような気がしますよね。

“I’m positive” はよく使う

最後の方はおまけでしたが、”I’m positive” という表現は会話でよく使われます。

“I’m sure” よりも、もっと「確信している」「間違いない」と言いたい時に “sure” を “positive” に変えるだけなので、覚えていると便利ですね!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS