副詞の “that” を知っていますか?

イマイチ分かりにくい “due” って何?
“understand” を使わずに「分かった?」
「そのシャツ、痩せて見えるね」って英語でなんて言う?

スポンサーリンク

学校で英語を習う時に、最初の方の授業で出てくる “this” や “that”。

“That is a pen” “Is that a pen?” のような文章も出てきたような気もしますが、今日はそんな “that” の使い方のお話ではありません。

「あれ」「それ」だけではなく、”that” には副詞の意味もあるって知っていましたか?

副詞の “that” って何?

さっきから副詞、副詞と言っていますが何のことなんでしょうか?

「あれ」とか「それ」と訳される “that” は代名詞と呼ばれるものなので、”That is a pen” の “that” は副詞ではありません。

副詞の “that” が出てくるシチュエーションとは、例えばこんな時です。

あなたがお腹が空いていると知って、お母さんが食べきれないほどの量の夕食を作ってくれました。そんな時にお母さんに向かって言う「お腹空いてるけど、それほど(これを全部食べられるほど)空いてないよ(笑)」のようなセリフ。

これを “that” を使って英語にすると、どうなるでしょうか?

Homemade lunch
© Robyn Lee

スポンサーリンク

これは “I’m hungry, but not that hungry” というふうになります。

あるいは、自分でできないと思って誰かに頼んだ事が、思いの外簡単に出来てしまった時に「そんなに簡単だとは知らなかったわ」と言うような場面。

このひと言も英語で言ってみると、どうなるでしょうか。

これは “I didn’t know it was that easy” と言えます。

これらの “that” の使い方が副詞の使い方なんです。

実は、会話ではかなりよく使われる

「そんなに(…でない)」「それほど(…だ)」を英語にすると?と言われると、一瞬考えてしまうかもしれませんが、そんな時に大活躍するのが、この “that” です。

この “that” の定義は、オックスフォード新英英辞典によると、

1. to such a degree; so
2. used with a gesture to indicate size

と書かれています。

これらの “that” の使い方は、残念ながら学校では習った記憶がありませんが、日常の会話ではとってもよく登場するんです。

もう少しだけ例文を

最初の方に挙げた “that” の例は1番目の使い方ですね。

この使い方の他の例としては、英語がびっしりの分厚い洋書を見て言った「これを読むのに一生かかるよ」に対して「そんなにかからないでしょ」と返すような時。

これも “that” を使って “It wouldn’t take that long!” というふうに言えます。

Book royalties = cookies!
© wombatarama

また、先日、家賃が高いよねと近所の人と話していた時に私が「あそこの貸家、週$450ドルもするんだよ!」と言うと、それに対して “Are they charging that much??” というセリフが返ってきました。

そして、辞書の定義の2番目に書かれている例としては、例えば釣りに行った翌日の同僚との会話を想像してみましょう。

「釣った魚の大きさ、これぐらいだったの?」と手で示されて「だいだいそれぐらいだった」と言う場面では “Yeah, it was about that big” という使い方ができるので、この “that” は便利で使いやすいんです。

早速使ってみよう!

何度も言いますが、日常生活のいろんな場面で使えるのが、この “that” の便利なところです。

誰かが何かを一口食べて「まずいー!」と言った後、他の人が「どれどれ。ちょっとちょうだい。・・・そんなにマズくないじゃん」のような時でも “It’s not that bad” なんていうふうに使えますよ。

「それほど」「そんなに」の “that”、今日から早速使ってみて下さいね!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS