「怖い」「ゾッとする」って英語で何て言う?

“sleepy” よりよく使う英語の「眠い」
“Would you mind …?” と聞かれたらどうする?
“Thank you” だけじゃない「ありがとう」

スポンサーリンク

皆さんは何か怖いものはありますか?
「怖い」って日本語でもとってもよく使う表現ですよね。

ホラー映画が「怖い」、高い場所が「怖い」、クモが「怖い」など、色々あります。中には奥さんが「怖い」という人もいるかもしれません(笑)

そんな「怖い」を英語で表すと、どうなるでしょうか?

まずは教科書でもおなじみの「怖い」

学校で習った「怖い」ってどんな単語だったか覚えていますか?
確か “afraid” じゃなかったでしょうか。一番よく知られた「〜が怖い、〜を恐れる」を表す英単語ですよね。

オックスフォード現代英英辞典によると “afraid” とは、

feeling fear; frightened because you think that you might be hurt or suffer

という意味だそうです。ケガをしたり何か辛い目にあうかもしれないから「怖い」というニュアンスです。

ここで出てきた “frightened” は「おびえた」という意味で使われることも多いですが、”afraid” と同じような「こわがった」という意味でも使われます。

例えば “I’m afraid of dogs(犬が怖い)” や、高所恐怖症の人は “I’m afraid of heights(高いところが怖い)” と言っているのをよく耳にします。

会話で一番よく使われるかもしれない「怖い」

“afraid” や “frightened” が会話であまり使われないということではないのですが、会話ではもっともっとよく使われる単語があります。

スポンサーリンク

それが “scary” と “scared” です。

“scary” は怖いと感じさせるものに対して使い、”be scared” は人が「こわがっている状態」を表します。

なので「その映画は怖い」は “The movie is scary” ですが、それを見て「私は怖かった」と言いたい場合には “I was scared” となります。

そして、この “scary/scared” は会話の中では “so” で強調することが多く、”It’s so scary” や “I’m so scared” は会話でとってもよく登場する「めちゃめちゃ怖い」の表現です。

ちなみに “Don’t be scared(怖がらないで)” なんかもよく耳にしますし、日本語でよく言う「死ぬほど怖かった」は “I was scared to death” と言います。

Scared to death
© Sindre Sorhus

もっと度合いが強い「怖い」

ただの「怖い」ではなく、「ゾッとする」「ひどく怖がる」といった、怖い度合いが高い場合には “terrify” という単語がよく登場します。

例えば、高所恐怖症の人がバンジージャンプをさせられた時には “I was so terrified” と言ったり、”It was terrifying(恐ろしい)” なんかがピッタリだと思います。

また、他にもよく耳にするのは “intimidate” という単語。

これは「こわがらせる、おびえさせる、おじけづかせる」といった意味で、相手に自信をなくさせたり威圧感でいっぱいにするような「怖い」のイメージです。

「おびえさせる、おじけづかせる、威圧感があって怖い」というような人や物事には “intimidating”、「おそろしいと感じる、おじけづいている、威圧されて怖い」と感じる時には “be intimidated” と表現します。

例えば、学校に生徒全員から恐れられているような先生がいたら “He/She is intimidating” で、その先生の前に立つと “I feel intimidated” といったカンジです。

たくさんあってややこしい

「怖い」を表す英単語はたくさんありすぎて、頭がこんがらがりそうになりますよね。

そんな場合は “I’m afraid” は皆さんご存じだと思うので、”scary/scared” をまず覚えると会話で活躍すること間違いなしです!

“frightened” は「ぎょっとした」という意味もあるので突然おそってきた恐怖に対して使われることも多いですが、その点を除いては “afraid”、”scared” とほぼ同じような「怖さ具合」で使えます。

もっと怖いのが “terrified”、おじけづくような「怖さ」を感じた時には “intimidated” と、少しずつ表現の幅を増やしていけるといいですね。

そのためには、実際に使われている例に出来るだけたくさんふれて、ニュアンスを感じ取ることが大事だと思います!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS