「夜」は必ずしも “night” じゃない

「ボクシングデー」って、いったい何?
よく耳にする “was going to” ってどんな意味?
覚えておきたい、こんな “over” の使い方

スポンサーリンク

「夜を英語にしなさい」と言われると、何て答えますか?

たいていの人は “night” と答えると思います。

でも、実は「夜」を表す英語は “night” とは限らないんです。

「明日の夜のディナーを予約したいのですが」

もしあなたが日本でレストランの予約をするとしたら、電話で何と言いますか?
「明日の夜の予約をしたいのですが」などと言いますよね。

では、これを英語で言うとしたら何て言いますか?

“I’d like to reserve/book a table for tomorrow night”

直訳したらこうなりますよね。(ちなみに、私の住むニュージーランドでは “reserve” よりも “book” をよく耳にします)
もちろんこれでも間違いではないと思います。でも、私が以前の職場で耳にした表現はちょっと違うものが多かったんです。

私が以前働いていた職場の温泉宿にはレストランがありました。
お客さんからディナーの予約をメールや電話で受けていたのですが、そこで耳にした表現はこんなものが多かったんです。

“I’d like to book a table for tomorrow evening

スポンサーリンク

違いは “night” と “evening” ですが、なぜ “night” とは言わないんでしょうか?

“evening” とは?

“evening” とは何かを考える前に、皆さんは “evening” という単語を意識して使っていますか?

“Good evening” と挨拶することはあっても “evening” と “night” の違いを区別して使うのってなかなか難しいと思います。

それはなぜかと言うと、日本語では “evening” も “night” も「夜」と訳すことが出来てしまうからです。

そんな時こそ、いつもの英英辞典の出番です。まずは “evening” の定義をオックスフォード新英英辞典で見てみましょう。

the period of time at the end of the day, usually from 6pm to bedtime

となっています。”day” は「一日」ではなくて、日が昇ってから日が落ちるまでを表すので、この “evening” の定義は「明るい時間の終わりから寝るまでの間」ということになります。

A Evening !!! Explore

日本語の「夜」は多くの場合、暗くなってから翌朝明るくなるまでのことを言いますよね。英語の “night” にも、

the period from sunset to sunrise in each twenty-four hours

という、日本語と同じような意味があります。

でも、ここがややこしいところなのですが、暗くなってから寝る前までの時間帯をわざわざ “evening” と区別して呼ぶんです。

結局 “evening” はどう使う?

“night” にも「暗くなってから翌朝明るくなるまで」という意味があっても、やはり “evening” は明確に使い分けられています。

特に、人がまだ活動している時間帯には “evening” がよく使われるように感じます。

上に登場した “I’d like to book a table for tomorrow evening” もその例ですし、先日も夜8時ぐらいに急に人と会うことになったのですが、その人から夜7時ぐらいに電話がかかってきた時は “Are you available this evening?” と聞かれました。

ついつい「夜=night」と思ってしまいがちですが、まだまだ早いうちの「夜」は “night” よりも “evening” を使うことが多く、もっと夜の遅い時間や睡眠に関することを連想させるイメージが “night” には含まれます。

絶対に “night” を使ってはいけない、ということではないですし、これは人によって使い方や感覚も違うと思います。日が長い季節には日が落ちていないのに “evening” ということもあります。

これまで “Good evening” 以外に “evening” を意識して使ったことがない方は、次に “night” を使いそうになった時に「これは “evening” かな?」と意識して使ってもらえるようになるといいかな、と思います。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS