動物の「子ども」の呼び方、知ってますか?

スッキリ使い分け!「列」を表す英単語
Wikipediaでシンプルな英語を学ぶ
会話に出てくる「ザルドゥー」って何だろう?

スポンサーリンク

今日は、学校の授業ではあまり習わない「動物の子ども」の呼び方のお話です。

人間の子どもは、生まれてから “baby” に始まり “infant”、”toddler”、”preschooler” や “teenager” などと年齢によって違った呼び方もありますが、基本的に “child/children” とあらわすことができると思います。

では、動物の子どもは何て呼べばいいのでしょうか?これも “child” でいいのでしょうか?

動物のこどもに”child”は使わない

まずは結論から言うと、生まれたての動物の赤ちゃんは人間と同じく “baby” を使うこともありますが、子どもを表すのに “child” を使うことはあまりありません。

そこで、オックスフォード現代英英辞典で “child” を引いてみると、こんなことが書いてありました。

a young human who is not yet an adult

「まだ大人ではない若い人間」と書いてありますね。なので、動物のこどもは”child” とは呼ばれないんです。

その代わりに “young” と呼ばれることもありますが、実は動物の子どもには、それぞれ特別な呼び方があるのをご存じでしたか?

まずはみなさんがよく知っているものから見ていきましょう。

「子犬」「子猫」「子羊」「子豚」を英語で

このあたりの単語は一度は耳にしたことがあると思います。

スポンサーリンク

犬 dog → 子犬 puppy
猫 cat → 子猫 kitten
羊 sheep → 子羊 lamb
豚 pig → 子豚 piglet

“lamb” は生後12ヶ月以内のヒツジのことを指すので、「ラム肉」も子羊の柔らかいお肉となります。
“piglet” はくまのプーさんに出てくるピンクの子豚の名前としても有名ですよね。

Extreme Piglet

では次に、ちょっと特殊な「動物の子どもの呼び方」を見てみましょう。

アヒルの子どもは英語で?

ひよこやヒナは英語で “chick” ですが、アヒルの子どもは “duckling” と呼ばれます。アンデルセンの有名な童話『みにくいアヒルの子』の英語題は “The ugly duckling” です。

ちなみに、カモも英語では “duck” なので、カモの子どもも “duckling” です。

子犬は “puppy” 以外にも “pup” と呼ばれることもありますが、この “pup” は犬以外のオオカミ、アザラシ、サメ、ハムスター、モグラ、コウモリなんかの子にも使われるんです。

次に、クマやパンダ、トラ、ライオン、キツネなどの子どもは “cub” と呼ばれ、”panda cubs” や “lion cubs” といった感じで使われます。メジャーリーグに『シカゴ・カブス』というチームがありますよね。そのカブスは「小熊」の “cub” からきているようです(Wikipedia調べ)。

そして、牛は “cow” ですが、子牛は “calf“、ゾウやクジラ、キリンの子も “calf(複数はcalves)” と呼ばれます。

カンガルーやワラビーなどの有袋類やコアラの子どもは “joey” と呼びます。

また、ちょっとイレギュラーなのが、馬。子馬は “pony” ではありませんよ。”pony” とは小型種の馬のことです。
馬は1歳になるまでは “foal“、その後4歳になるまではオスの子馬は “colt“、メスの子馬は “filly” と呼び名が変わるんですね。

人間と同じ呼び方の動物もいる

冒頭で “child” は人間の子どもだけ、と紹介しましたが、実は人間の子どもに使う “kid” や “infant” は、ある動物の子どもをあらわすときにも使われるんです。

それはヤギと猿・ゴリラなどの猿人類。ヤギの子どもが “kid” と呼ばれ、サルやゴリラの子は “infant” と呼ばれます。

その他の動物の子どもにもいろんな呼び方があるので、興味のある方はこちらのサイトを見てみると面白いかもしれません!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS