“might as well” ってどういう意味?

“at all” ってどんな意味?どう使う?
“angry” 以外で「怒っている」を表すと?
“I’m sorry” の意味は「謝罪」か「残念」か

スポンサーリンク

“might as well 〜” というフレーズ、耳にしたことはありますか?

実はこれ「〜した方がいい」とよく訳される、ネイティブがめちゃくちゃよく使う表現なんです。

でも、使われる場面によっては「〜した方がいい」という訳がイマイチしっくりこない、意味が掴みにくいフレーズでもあると思います。

日常会話でよく出てくるだけに、しっかり覚えておきたいですね!

“might as well” の意味とは?

日刊英語ライフではすでにお馴染みのEnglish Grammar in Useにも、”might as well” はちゃんと載っていました。

どんなふうに解説してあるかというと、

We might as well do something=We should do it because there is no better alternative. There is no reason not to do it.

“alternative” とは「(〜に)代わるもの」とか「代案」といった意味なので「他にもっといい案がないので、それをした方がいい。それをしない理由がない」ということのようです。

スポンサーリンク

どうでしょうか?何となく分かりましたか?

これだけではちょっと意味が分かりにくいかもしれないので、一緒に載っていた例文も見てみましょう。

[シチュエーション ]
Rose and Clare have just missed the bus. The buses run every hour.

Rose: What shall we do? Shall we walk?
Clare: We might as well. It’s a nice day and I don’t want to wait here for an hour.

1時間に1本のバスが行ってしまったばっかりで、クレアは「どうする?歩く?」と聞かれて “We might as well.” と答えていますね(”well” の後の “walk” が省略されています)。

ここでは、天気がいいし、ここでじっと待っていたくないから、歩いて行くより他にいい案(選択肢)がない、歩いて行くことをしない理由がない、というニュアンスになります。

こんな場合、日本語では「そうした方が良さそうだね」と言えばしっくりきますよね。これが “might as well 〜” が「〜した方がいい」と訳される理由です。

bus stop

“might as well”、使い方は?

そんな “might as well” なので「本当に〜したいからする!」「それが一番したいからする」というテンションとは違いますよね。それよりもテンションが低い感じ、分かりますか?

その時のシチュエーションを考えて、それが一番良さそうだからそうしよう、それをしない理由が見当たらないしね、ぐらいのテンションなんです。

スポンサーリンク

例えば、こんな例を挙げてみましょう。

あなたは奥さん(もしくは旦那さん)とスーパーに行きました。シャンプーを買おうとしたら、いつも1つ1,000円のところが、セールで2つ1,500円になっていたとします。こんな場合に、

  • We might as well buy two.

と言えるんです。
今は1つあれば十分だけど、2本買ったら安いし腐るものでもないから買っておいたら(買っておいても)いいね、という感じです。この場合は「せっかくだし、買っておいてもいいね」という訳でもしっくりきますよね。

あるいは、お昼休みにラーメン屋さんで味噌ラーメンを注文したのに、間違えて豚骨ラーメンが出てきたとしましょう。
あなたは急いでいて、これ以上待ちたくないし、豚骨ラーメンも嫌いじゃないので豚骨ラーメンを食べることにするとしたら、

  • I might as well eat it.

と言えるんですね。

日本語訳だけにとらわれないで

“might as well” のイメージは何となく分かりましたか?

「〜した方がいい」という訳が必ずしも当てはまらず、場合によっては、

  • せっかくだから〜する
  • どうせだから〜する
  • ついでだから〜する

がしっくりくる場合もありますが、ポイントは、その時の状況で判断して「それも悪くないからする」 というニュアンスを持っている、ということです。

スポンサーリンク

なので、最初に紹介したバスの例のように、出された提案に対して “Yes” の返事として使われることが多いんです。
そしてこの場合は “Might as well.” だけで短く答えることも多いです。

「〜した方がいい」という日本語訳だけにとらわれないで、ニュアンスをしっかり感じ取ってくださいね。

他にもある「〜した方がいい」の表現

今回紹介した以外にも「〜した方がいい」を表す英語表現はいくつかあります。こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

■”should” と “had better” の違い・使い分けのおさらいはこちらから↓

■”want to”、”may/might want to” もネイティブがよく使う表現です↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS