それってイギリス英語?アメリカ英語?

あなたはどっち?「朝型・夜型」って英語でなんて言う?
英語にもあった!「ドタキャン」の表現
「隣」「隣の、隣に」「隣の隣」って英語で何て言う?

スポンサーリンク

日本の学校の授業で習う英語や、日本で「英語」と呼ばれている英語はアメリカ英語がとても多いです。

でも実は、気づかぬうちに日本語の中に定着しているイギリス英語もあるんです。

今日は、そんな中から車に関連するおなじみの単語を、イギリス英語かアメリカ英語か、というクイズ形式で紹介していきたいと思います。

車の「トランク」

車の「トランク」という言葉は完全に日本語の中に溶け込んでいますよね。
別の言葉で言いなさいと言われても、もはや言えないぐらいです。

そんな「トランク」は和製英語ではなく、立派な英語です。
アルファベットで書くと “trunk” となります。

では、これはイギリス英語でしょうか?
もしくはアメリカ英語なのでしょうか?

正解は、アメリカ英語です。
アメリカ英語では車の後部の荷物入れの部分を “trunk” と呼びます。

でも、ニュージーランドはイギリス英語にかなり近いので “trunk” とは呼びません。
では、イギリス英語では何と言うのでしょうか?

正解は “boot” です。

スポンサーリンク

“A spare tyre is in the boot(スペアタイヤはトランクの中です)” といった感じで使われます。

ちなみに “tyre” もイギリス英語のスペルだと気付きましたか?アメリカ英語では “tire” ですね。

車の「ボンネット」

車の後部にあるのが「トランク」なら、前部にあるのは「ボンネット」ですよね。

このボンネット、英語で通じると初めて知った時にはビックリしたのですが、確かに英語なんです。

では、これはイギリス英語とアメリカ英語、どちらだと思いますか?

実はこれはイギリス英語なんです。
“bonnet” と、スペルもそのままです。簡単ですね!

それに対して、アメリカ英語では「ボンネット」のことを “hood” と呼びます。

車の前部はイギリス英語の「ボンネット」、後部はアメリカ英語の「トランク」が定着している日本って面白いですよね。

「ガソリンスタンド」は英語で?

イギリス英語とアメリカ英語の違いの定番として、例に出されることも多い「ガソリンスタンド」。

でも、実は「ガソリンスタンド」は和製英語なんです。英語では「スタンド」とは言わず “station” を使います。

では「ガソリン」はイギリス英語とアメリカ英語、どちらだと思いますか?

Mobilgas

正解は、アメリカ英語です。

アメリカ英語では “gasoline” を省略して “gas” と言うので「ガソリンスタンド」は “gas station” と呼ばれます。

一方、イギリスではガソリンとは言わずに “petrol” と言うので、”petrol station” と呼ぶのが一般的です。

アメリカ英語とイギリス英語

冒頭でも少しふれたように、日本ではアメリカ英語に圧倒されている感のあるイギリス英語。

同じ「英語」なのに、アメリカ英語とは全然違ったりして、私はとても面白いと思います。

イギリス英語に興味のある方は、イギリス英語関連の過去のコラムもぜひ読んでみてくださいね!(こちらからどうぞ)

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS