「地球・環境にやさしい、エコ」って英語で何て言う?

「自分で」は “myself” ? それとも “by myself” ?
「〜したほうがいいよ」と伝える “should” 以外のやわらかい表現
“towel(タオル)” の発音は意外と難しい⁉︎

スポンサーリンク

近年は「エコ」「環境にやさしい」「地球にやさしい」といった言葉をよく目にしたり耳にするようになりましたよね。

そこで今回はこれらの英語表現を見ていきたいと思います。

地球環境を守るためには、節電・節水する、紙を無駄使いしない、シャンプーは詰め替え用を買う…などいろんな方法がありますが、今回は特に「ゴミ」に焦点を当てた英語表現も紹介します!

「環境にやさしい」「地球にやさしい」「エコ」を英語で言うと?

日本では環境保護や環境に配慮したという意味で「エコ」が広く知られていますよね。

英語でも「地球、環境にやさしい」を表すときに使われる、”eco-friendly” という表現があります。

“eco-” は「環境の、生態の」、そして “-friendly” で「〜にやさしい、〜に配慮した」を表すので、”eco-friendly” が「環境にやさしい」になるんですね。

  • I use eco-friendly products whenever possible.
    私はできる限り環境にやさしい商品を使っています

日本語では「エコ」ですが、英語の発音は /iːkəʊ/ なので注意してくださいね。

↓ “eco-friendly” なミツロウラップは日本でも購入できます。

eco-friendly

スポンサーリンク

他には、”environmentally-friendly” という言葉もあります。

これは “environmentally(環境的に)” が “-friendly” にくっついているので、これも「環境にやさしい」を表します。

  • Excessive packaging is not environmentally-friendly at all.
    過剰包装は全然環境にやさしくない

さらに、”green” も「環境にやさしい、環境に配慮した」という意味で使われます。

  • I’ve decided to go green.
    エコになる(エコな生活をする)ことにしたんだ
  • Green products are gaining in popularity.
    環境にやさしい製品(エコ製品)は人気が高まってきている

“eco-friendly” にまつわる英語表現

以前、ウミガメの鼻にプラスチックストローが刺さった動画が世界的に話題になりましたよね。また、死亡したクジラの体内から大量のプラスチックごみが発見されたことも、海洋プラスチック問題が深刻であることを身近に感じさせられました。

さらに近年、中国がゴミの輸入を禁止したことで、日本国内にゴミがたまりつつあるという話も読んだことがあります。

そこで次はゴミ問題の観点から、エコ関連でよく使われる英語表現をいくつか挙げてみたいと思います。

● reusable:再使用できる

“reuse” が「再び使う→再使用する」なので、それができるという意味で「繰り返し使える」物を表すときに使われます。

ゴミの削減の話になると、必ずと言っていいほど出てくる単語です。

  • reusable bag :エコバッグ、マイバッグ
  • reusable (coffee) cup:マイカップ
  • Cloth nappies are reusable.
    布おむつは繰り返し使える

● recyclable:リサイクルできる、再生可能なもの

“recycle(リサイクルする、再生利用する)” に “-able” がついて「再生利用できる」という意味で使われたり、”recyclables” で「再生可能なもの」という名詞にもなります。

スポンサーリンク

  • Cardboard boxes are recyclable.
    段ボール箱はリサイクルできる
  • Here’s a list of recyclables.
    これがリサイクル可能な物の一覧です

● biodegradable:生物分解性の

これは、一見したところ普通のプラスチック製に見える使い捨てストロー・カトラリー・食品用トレイ・ビニール袋・カップなどに書かれていることがあります。

これらは石油由来ではなく、トウモロコシやサトウキビのデンプンから作られる植物由来のプラスチックでできています。

“bio-(生物の、バイオの)+degrade(分解する)+-able(できる)” なので「バイオの力で分解できる」という意味で、”biodegradable plastics” は普通のプラスチックとは違い、適切な処理をすれば微生物が二酸化炭素と水に分解してくれると言われています。

日本語では「生分解性プラスチック」と呼ばれるようです。

● compostable:堆肥にできる

“compost(堆肥にする)” と “-able” から出来上がっている言葉で、そのまま「堆肥にできる」ということです。

これも使い捨てのコップなどに書かれていることがありますが、適切な堆肥化施設で処理すると、分解されて栄養のある堆肥にすることができると言われています。

これも複数形の “-s” をつけて “compostables” にすると「堆肥化できるもの」という名詞になります。

WORLD CENTRIC CERTIFIED COMPOSTABLE Sip Hole

● alternative to 〜:〜に代わるもの

ニュージーランドでは、プラスチックストローに代わって紙製や金属製のストローが出現したり、スーパーのレジ袋が撤廃されたので、それに代わってエコバッグ・マイバッグが使用されるようになっています。

スポンサーリンク

そんな、これまでにあったものに代わるものを表すときにとてもよく出てくるのが、”alternative to 〜” です。

  • Stainless steel straws are an eco-friendly alternative to single-use plastic straws.
    ステンレス製ストローは使い捨てプラスチックストローのエコな代替品だ
  • The most well-known alternative to plastic bags is reusable bags.
    ビニール袋に代わる最もよく知られたものはマイバッグだ

● sustainable、sustainability:サステナブル、サステナビリティ

日本でも「サステナブル」や「サステナビリティ」という言葉をよく耳にするようになってきたのではないでしょうか。
英語での発音は /səˈstnəbəl/ ですが、環境について話すときには避けて通れないキーワードだと思います。

“sustainable/sustainability” とは英英辞書によると、

【sustainable】using methods that do not harm the environment so that natural resources are still available in the future

【sustainability】the idea that goods and services should be produced in ways that do not use resources that cannot be replaced and that do not damage the environment
(Cambridge Dictionary)

という意味で、日本語では「持続可能な」「持続可能性」と訳されたりしますよね。

このまま環境を破壊し続けていくと、温室効果ガスによって気候変動が深刻化したり、生態系が変わってしまったり、天然資源もなくなってしまいます。これはサステナブルではありません。

そうならないために環境に害を及ぼさないような物やサービス・方法・社会の仕組みなど考えて実行していこう、ということですね。

環境のためには “Reduce waste” が大切

近年、ゴミを減らすためにいろんな工夫がされていますよね。

上で紹介した、使い捨ての物を “compostable” や “biodegradable” にするのも、その一つだと思います。そのままだと半永久的にゴミとして残り続けるものを何とかして減らそうという動きですね。

こういった製品を選んで使えばエコな感じがしますが、実はそれほどエコではないと指摘されています。

スポンサーリンク

堆肥化するためには家庭用ではない堆肥化処理施設で管理された条件下で処理しないと堆肥にならなかったり、適切な処理方法を取らないと自然に還らない上にメタンガスが出るとも言われています。そして、海に流れてしまうと分解されません。結局はゴミになるんですね。

そこで、環境のためにとても大切なのは【reduce waste】だと私は思います。ゴミにならないものを作る・使うのではなくて「ゴミを出さない、減らす」ということです。

「Reduce, Reuse, Recycle」という有名な標語がありますが、最も大切なのは3つの中の最初にきている “reduce” です。”recycle” もきちんとした方法でやらないと、結局ゴミになってしまったり、リサイクルのためにさらなる資源が必要になったりします。

必要のないものや使い捨てのものはできる限り買わない・使わない。そうすることで輸送やゴミ処理の際に出る二酸化炭素の排出量が減らせたり、製品を作る際に必要な水の使用量を削減することもできます。

ゴミから地球環境を守るためには、物を作る側・サービスを提供する側だけではなく、使う側の責任も大きいです。本当に必要なものを見極めて、繰り返し使う(reuse)ことを見直し、ゴミを減らす(reduce waste)のが「環境にやさしい」行動になるのではないかと思います。

…とは言え、習慣を急に変えるのは難しかったりしますよね。価格が安いほう・便利なほうについ流れてしまうこともあると思います。

まずは、不要なレジ袋をもらわないなど、自分にできそうな簡単なことから始めてみませんか?

■「ゴミ」「ゴミ箱」の英語表現はこちらで紹介しています↓

■ゴミを「捨てる」の英語表現はいろいろあります↓

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS