Home英語コラム

電話で自分の名前を名乗る英語表現

似てる単語 strange,weird,odd の違いは何?|1分英語
「雑誌」ではない “magazine” の意味とは?
マクドナルドの『ヤッキー』残念すぎるネーミング

スポンサーリンク

英語で電話をかけるが苦手な方はいませんか?

私もいまだに英語の電話はあまり好きではないのですが、最初の名乗り方や応答の仕方はある程度決まったフレーズが使われることが多いので、この部分だけでも事前に練習して自信をつけておくと、不安感やドキドキ感が全然違います。

そこで今回は、電話をかける時に自分の名前を名乗るフレーズと、電話を受ける時の名乗り方も合わせてまとめてみました。

意外と見落としがちですが、フォーマルとインフォーマルでは使われる表現が違うので、それぞれを分けて紹介します!

電話で自分の名前を名乗る①フォーマル

まずは、仕事で電話をかけるときや、誰かと話すのにオフィスにかけるような場合の、フォーマルな応答で使われる表現を見てみましょう。

言い方はいろいろありますが、よく耳にするものを挙げてみると、

A:Good morning. ABC Travel. How can I help you?
B:Hello. This is Ken Suzuki from XYZ. Could I speak to Mr Smith, please?

もしくは、

A:ABC Travel. Angela speaking.
B:Hello. I’d like to speak to Mr Smith, please.
A:Who’s calling, please?
B:This is Ken Suzuki from XYZ.

みたいな感じです。自分が電話をかけて名乗るときは、

  • This is 自分の名前 from 会社名
  • My name is 自分の名前 from 会社名

のように言います。話したい相手が自分のことをよく知らない場合はファーストネーム+ラストネームで、すでに知っている場合はファーストネームだけでOKです。”My name is” は全く面識がない場合に使うことが多いです。

スポンサーリンク

そして、かかってきた電話を受けたときに名乗る場合は、ものすごく丁寧に言うなら、

  • Thank you for calling 会社名. This is ファーストネーム speaking. How may I help you?

みたいに言いますが、ちょっと長いので、

  • 会社名. This is ファーストネーム+speaking
  • 会社名. ファーストネーム+speaking

のような言い方もよく使われます。また、上の最初の会話のように個人の名前は言わないこともあります。

電話で自分の名前を名乗る②カジュアル

次はインフォーマルな電話での名乗り方を見てみましょう。

友達やよく知っている人に直接電話をかけるときや、プライベートな電話ではビジネスと違ってカジュアルな表現がよく使われます。

A:Hello?
B:Hi Lisa, it’s Ken here.
A:Oh, hi Ken! How are you doing?

カジュアルな電話ではあまり決まった言い方はないですが、名乗るときにはフォーマルな電話とは違って、”This is+名前” や “名前+speaking” よりも、

  • It’s Ken.
  • Ken here.
  • It’s Ken here.

みたいに言うことがとても多いです。私はニュージーランドに来た当初、誰にかける場合でも “This is Yoko speaking.” と言っていたのですが、周りの知り合いや友人はほぼみんな、上の会話例みたいにフレンドリーに話してきます。

自分の携帯電話で電話を受ける場合は、相手が知らない番号なら、

  • Hello?
  • Hello. Yoko speaking.

みたいに出ますが、相手が友達と分かっている場合は名乗らずに “Hey Ken!” みたいに出ることもあります。

スポンサーリンク

「〜さんいますか?」「はい、私です」を英語で言うと?

最後に、ちょっと見落としがちですが「〜さんいますか?」と聞かれて「私ですが」と答えるとき、英語でどんなふうに表現しますか?

こんな場合、英語ではこんなふうに言います。

  • I’d like to speak to John Smith, please.
    –Speaking.
    –This is he.

上は男性の例ですが、女性なら “This is she.” です。これを初めて耳にしたときはこんな言い方があるのを知らなかったので、びっくりしたのを覚えています。

もちろん、”This is John speaking.” とも言えますが、”It’s me.” はかなりカジュアルになるので、フォーマルな電話では避けた方がいいかなと思います。

今回紹介した電話で使う英語表現は一例です。これだけが正解というものではなく、他にも表現方法はたくさんありますが、私が実際にとてもよく耳にする表現なので、参考になれば嬉しいです。

英語での電話応対に役立つ英語表現

■「どちら様ですか?」を英語で言うと?

■「少々お待ちください」のフレーズと、保留にする時の注意点はこちら↓

■相手の声が聞こえない、途切れて聞こえにくいときに役立つフレーズはこちら↓

スポンサーリンク

■「〜は外出中です」「〜はただいま休暇中です」は英語で?

■「〜はただいま電話に出ることができません」の定番フレーズはこちら↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS