Home英語コラム

“wait for” と “wait on”、意味の違いとは?

「〜に似ている」「そっくり」って英語でなんて言う?
覚えておくと便利な “do with 〜” の意味と使い方
知らないと分かりにくい、”be after” の意味

スポンサーリンク

「待つ」を意味する単語と言えば “wait” ですよね。

そんな “wait” ですが「〜を待つ」は “wait for 〜” だと学校で習ったと思います。
ところが、”wait on 〜” で表す「待つ」もあるんです。

さらに、”wait” の後ろに前置詞が入らずに目的語が入る「待つ」もあります。

今回はこの3つの違いと使い方を紹介します!

“wait for” と “wait on”

少し前、ニュージーランドでコロナの感染者が増えた時にニュースを読んでいたら、一つの記事の中にこんな2つの文章が出てきました↓

  • (記事の見出し)Hospital staffer waiting for test told by Auckland DHB management to return to work
  • The DHB could not today confirm whether asymptomatic staff had been asked to return to work tomorrow even if they were still waiting on test results.
    nzherald

上に出てきたDHBとは、各地区の医療を提供する機関である District Health Board を略したものです。

そのDHBのマネジメントが、コロナの検査待ちや検査結果待ちの状態の病院職員へ「症状のない者は仕事に戻りなさい」と指示した、というニュースだったのですが、ここで気になるのは “wait” の使い方です。

“wait for” と “wait on” が出てきていますよね。これらの違いは何なのでしょうか?

スポンサーリンク

“wait for 〜” で表す「〜を待つ」

「〜を待つ=wait for 〜」だと習いましたよね。

それぐらい「〜を待つ」を表すときにとてもよく使われるのが “wait for 〜” で「誰かが来るのを待つ」だったり「何かが起こるのを待つ」を表すときに使います。例えば、

  • Wait for me!
    待ってー
  • She was waiting for a bus when I saw her.
    彼女を見かけたとき、彼女はバスを待っていた
  • I’m waiting for the rain to stop.
    雨が止むのを待っているんです

みたいな感じです。なので、上のニュース記事に出てきた文章は、

  • Hospital staffer waiting for test told by Auckland DHB management to return to work

つまり「検査(を受けるの)を待っている病院職員」という意味です。

“wait on 〜” の意味①

“wait on 〜” も意味は「〜を待つ」です。ただ、使われる場面がちょっとだけ違うんです。

英英辞書で “wait on” を引いてみると、こんなふうに書かれています↓

to wait for a particular event, piece of information etc, especially before doing something or making a decision

(ロングマン現代英英辞典)

to wait until you know the result of an activity before doing or deciding something

(Cambridge Dictionary)

つまり、何かをしたり意思決定をしたりする前に「(結果・情報など)を待つ」という意味でよく使われるのが “wait on” です。

スポンサーリンク

  • I’m waiting on my blood test results.
    血液検査の結果を待っています
  • I’ve been tested for COVID-19 and am still waiting on the result.
    コロナの検査を受けて、まだ結果待ちです
  • The Government is waiting on the results of genomic sequencing.
    政府はゲノム解析の結果を待っている

のように「results” を待つ=結果待ち」によく使われる印象ですが、他にも、

  • We’re waiting on the latest report/data/updates/figures.
    私たちは最新のレポート/データ/アップデート/数値を待っています
  • I’m waiting on further information before making a decision.
    決断を下す前に、さらに詳しい情報を待っています

みたいにも使います。また、これらを “wait for” で表すこともよくあるので、必ず “wait on” を使わなくてはいけないということでもなく、こんな場合には “wait on” も使われますよ、というお話です。

“wait on 〜” の意味②

他には、全く違う意味で「給仕する」という意味でも “wait on” は使われます。飲食店で食事やドリンクを「サーブする」ということですね。”waiter/waitress” の “wait” です。

  • The man who waited on us was very friendly and knowledgeable.
    私たちのテーブルを担当してくれた男性はとてもフレンドリーで知識が豊富だった
  • She takes orders, cooks and waits on tables.
    彼は注文をとって調理をし、給仕もします

これと同じ意味で “wait at tables” や “wait tables” みたいに言うこともありますよ。

目的語がすぐ後ろにくる “wait 〜”

「〜を待つ」のように「〜を」という目的語がある場合には “wait for 〜” や “wait on 〜” みたいに前置詞が入るのが普通です。

でも、前置詞が入らない「〜を待つ」もあるんです。
それは「順番を待つ」を英語で言う場合です。

スポンサーリンク

「順番を待つ」は “wait for your turn” ではなく、”wait your turn” と言います。

ちょっと間違えやすいのでご注意ください!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS