“commiserations” ってどんな意味?

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。

スポンサーリンク

またまた見てしまいました『Britain’s Got Talent』。

とにかく明るい安村さんが準決勝に登場し、再びパフォーマンスして会場は盛り上がったものの、惜しくも決勝への進出はなりませんでした。
[追記]ワイルドカードで奇跡の敗者復活!決勝戦へ進出しました!
今回のコラムは準決勝でいったん敗退が決まった時に、安村さんにMCがかけた一声から “commiserations” という単語のお話です。

この記事の目次

“commiserations” が出てくる場面

下の動画は、準決勝で安村さんの敗退が決まってしまった場面です。安村さんと13歳のダンサーLilliannaさんが決勝への最後の1枠を競った結果、Lilliannaさんが選ばれました。

2:55あたりから始まる、舞台上のMCが安村さんにかけた言葉に耳を傾けてみてください↓

どうでしたか?

Commiserations, Toni. Commiserations.

と言っているのが聞き取れましたか?

ToniとはTonikakuという名前で今回出場している安村さんのことですが、あまり聞き慣れない “Commiserations” ってどんな意味なのでしょうか?

“commiserations” の意味

MCは安村さんに、こんなふうに声をかけていたんです↓

  • Commiserations, Toni. Commiserations.
    トニー、残念でしたね

単数形の “commiseration” とは「a feeling of sympathy=同情」を表します。それが複数形の “commiserations” になるとニュアンス的にはこんな感じです↓

an expression of sympathy for someone, especially someone who has lost a competition

Cambridge Dictionary

コンペティションで負けてしまった人に同情を表すときに使われるんですね。

スポンサーリンク

つまり、コンペティションに勝った人に対して言うのが “congratulations” で、負けた人に言うのが “commiserations” です

上のMCの言葉にも続きがありましたね。安村さんに “Commiserations, Toni. Commiserations.” と言った後、決勝進出を決めたLilliannaさんの方を向いて “Congratulations to you.” と声をかけています。

“congratulations” はイギリスでもアメリカでも使いますが、”commiserations” はイギリス英語圏で使われるフォーマルな表現なので、アメリカではそれほど耳にしないかもしれません。

“commiserations” の使い方

“commiserations” の使い方は上で紹介した以外には、

  • Commiserations to the losing team.
  • Congratulations to the winners and commiserations to the losers/those who were unsuccessful/those who missed out.

のように「commiserations to 誰(チーム名)」という形で使います。

一番大事なポイントは「残念でしたね」を表す場合には “commiserations” のように必ず複数形にすることです。

このあたりは「おめでとうございます」を表す “congratulations” と同じです。他にも “thanks”、”condolences”、”best wishes”、”kind regards” なんかも同じですが、お祝いする言葉や願いなどがたくさん込められていますよという意味で複数形になると言われているので、常に必ず複数形になります。

■”sympathy” の意味についてはこちらで紹介しています↓

■安村さんのネタの決め台詞 “I’m wearing!” については以下のコラムでも取り上げています↓

■安村さんに対する審査員のコメント “You have balls.” の意味とは?

スポンサーリンク

よければシェア・保存してね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次