[週刊] 今週のまとめ1月22日-1月27日

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。

スポンサーリンク

今週も日刊英語ライフを読んでいただき、ありがとうございました!

今週は、”reasonable” や “at all” の意味とは?、「どっちでもいいよ」や「週末に」を英語で言うと?、ネイティブがよく使う「疲れた」の表現、英語で数字を書く時のルールなどのコラムをお届けしました。

すでに一度読んでいただいた方、内容を忘れてしまったコラムはありませんか?
もう一度復習すると、記憶に定着して忘れにくくなりますよ。

読み逃したコラムがあれば、そちらもぜひ読んでみてください!

この記事の目次

「今週のまとめ」は Kindle版『週刊英語ライフ』でもお読みいただけます

今週もKindle版『週刊英語ライフ』を配信しています!

1週間分のコラムのまとめに加えて、前の週のコラムをクイズ形式で復習できるコーナーや、ここでしか読めない英語にまつわるエピソードなどのオリジナルコンテンツも、広告なしでオフラインでもお楽しみいただけます。

kindle unlimitedに加入されている方は無料で読むことができるので、ぜひ一度ご覧いただければと思います。詳細はこちら↓

■Kindle版『週刊英語ライフ』の最新号(003号)はこちらです↓

created by Rinker
¥250 (2024/02/22 03:50:13時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

リーズナブル(reasonable)の本当の意味とは?

日本語でもよく耳にする「リーズナブル」という言葉。

あなたはどんな意味で使っていますか?

実は英語の “reasonable” は「値段が安い」とは少し違うんです。

「どっちでもいいよ」を英語で言うと?

普段の生活の中で「どっちがいい?」と聞かれて「どっちでもいいよ」って答えること、よくありませんか?

これって、英語ではどう表現すればいいのでしょうか?

また、カンジ悪く聞こえないためのポイントも合わせて紹介します!

6?six?英語の数の書き方のルールおさらい

文章の中で「数」を英語で表現する時の注意点を紹介したいと思います。

“I have 6 dogs.” と “I have six dogs.”、あなたならどちらを選びますか?

アラビア数字とアルファベット、どちらでもいいという訳ではないんです。

Duo

©️jezhowell.photo

“at all” ってどんな意味?どう使う?

“at all” というフレーズ、ご存知の方も多いと思います。

でも、学校で習った “not 〜 at all” とはちょっと違う “at all” も会話の中にはよく出てくるんです。

さて、一体どんなものなのでしょうか?

「疲れた」は英語で何て言う?ネイティブがよく使う表現

普段、何気なく「疲れた」と言ってしまうことってありませんか?

そこで今回は「疲れた」の定番 “tired” と、それ以外にネイティブがよく使う(と私が感じた)3つの表現を紹介します!

「週末に」は英語で何て言う?”at/on/over the weekend” の違い

「週末何するの?」「週末何したの?」「週末は特に何もしなかったよ」こんな会話、よくありますよね。

では「週末(に)」って英語でどんなふうに表していますか?

前置詞がちょっとややこしかったりするので、そのあたりをまとめてみました!

よければシェア・保存してね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次