“nearly” の意味は?”almost” とどう違う?

関係代名詞の “what”、上手に使えてますか?
発音を間違えやすい英単語【音が消える母音】
「片付ける」は英語でなんて言う?

スポンサーリンク

“nearly” という単語を耳にしたことはありますか?

私は日本にいた時はほとんど耳にしたことがありませんでした。
それが、ニュージーランドに来てみると、本当にとてもよく使われていることに気付きました。

今回は “nearly” の意味と使い方、そして似た単語 “almost” との違いを簡単に紹介したいと思います。

“nearly” ってどんな意味?

まずは “nearly” がどんな意味で使われるかというと、こうです↓

almost; not quite; not completely
オックスフォード現代英英辞典より)

“almost” と意味は同じなんですね。「完全にはそうではないけど、ほとんどそうだ」を表す時に使われます。

  • What’s the time?It’s nearly nine (o’clock).
    今何時? -もうすぐ9時だよ
  • How old is your daughter? -She’s nearly two.
    娘さんは何歳? -もうすぐ2歳よ
  • We’re nearly there.
    もうすぐ着くよ
  • I nearly gave up.
    もう少しであきらめるところだった
  • I nearly missed my flight.
    もうちょっとで飛行機に乗り遅れるところだった

みたいな感じですね。では、”almost” とは何が違うのでしょうか?

Airport Traveller

スポンサーリンク

“nearly” と “almost” の違い

上の意味で使う場合には、”nearly” も “almost” も同じように使えます。
実際に、上の例文はどれも “almost” に置き換えても意味は変わりません。ただ、傾向として、こんなことが言えるのではないかと思います。

  • イギリス英語では “nearly”、アメリカ英語では “almost” がよく使われる
  • “nearly” は後ろに数字が続くことが多い
  • “almost” は副詞・形容詞が後ろに続くことが多い

そして、厳密に言うと、こんな差がある場合もあります。

nearly:ある時点に到達するまでもうすぐ、というニュアンス
almost:何かと類似している、というニュアンス

“nearly” の後ろに数字がくっつくことが多いのも、この微妙なニュアンスが関係しているのかもしれません。
そしてこの違いで、”almost” は使えるのに “nearly” が使えないという場面が出てくるんです。

“nearly” ではなく “almost” を使う場合

■何かと「似ている」を表す場合

何かと似ているという意味で「ほぼ同じ」を表す場合には、”nearly” ではなく “almost” が使われます。例えば、

  • He is almost like a father to me.
    彼は私にとってほとんど父親みたいなものだ
  • The tofu burger tasted almost like a real burger.
    豆腐バーガーはほとんど本物のハンバーガーの味がした

のような感じです。”nearly” の「進んでいって、到達点までもうちょっと」というニュアンスが当てはまらないからなんですね。

■後ろに no / nobody / nothing などが続く時

また、後ろに来る単語によって “nearly” が使えない場合もあります。
それは、後ろに “no/nobody/nothing” などがくる時です。この場合には “almost” が使われます。

  • She knows almost nothing about it.
    彼女はそれについてほとんど何も知らない
  • Almost nobody wanted it.
    ほとんど誰もそれを欲しがらなかった
  • I have almost no friends here.
    ここには友達がほとんどいません

これらの “almost” を “nearly” に置き換えて言うことはできません。

「ほとんど」「だいたい」の英語表現

“nearly”、”almost” 以外の表現で表す「ほとんど」「だいたい」もあります。
場面によっていろんな表現があるので、こちらもぜひ合わせてご覧ください!

スポンサーリンク

■”pretty much” は口語でとーってもよく使われます↓

■年齢や時間を「だいたい〜ぐらい」と表す時に使われる “-ish” も口語でよく出てきます↓

■「もうすぐ20歳です」「来月40歳です」のような、年齢を表す「もうすぐ、だいたい」はこちらも参考にしてみてくださいね↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS