“I’m sorry to be late” は使わない?

「そのうち」って英語で何て言う?
「ウィービット」って何だろう?
“angry” を使わずに「怒ってる」って言えますか?

スポンサーリンク

友達との待ち合わせ。
時間に遅れて到着したら、たいていの人はこう言いますよね。

『遅れてごめんね!』と。

これ、英語でどんなふうに表現していますか?

今日は、よく使う表現のわりに間違えやすい『遅れてごめんね』のお話です。

“I’m sorry…”

冒頭のようなシチュエーションで “I’m sorry I’m late” が迷わずすんなり出てきた人は、今日のコラムは復習程度にさらっと読んでくださいね。

でも、”I’m sorry to be late” を思いついた、または実際に使っているという方は、ちょっと注意が必要です。

まず、約束の時間に遅れて謝るフレーズは、”I’m sorry I’m late” が最も一般的です。”I’m sorry for being late” も使われなくはないと思いますが、私の周りでは耳にしません。

学校では「〜してごめんなさい」を “I’m sorry for -ing” や “I’m sorry to …” と習ったような記憶があるので、このどちらかが思い浮かぶのも無理はないと思います。

実際に私自身もニュージーランドに来る前まではネイティブの英語に触れる機会がそれほどなかったので、”I’m sorry for being late” や “I’m sorry to be late” も文法的に正しいから使ってもおかしくないだろうと思っていました。

スポンサーリンク

でも、”I’m sorry to be late” はネイティブの耳には違和感があるようなんです。さて、それは一体なぜなのでしょうか?

“sorry” のおさらい

まずは “sorry” を使った「ごめんなさい」「すみません」の表現をおさらいしてみましょう。

いつもおなじみのEnglish Grammar in Useには、またまたちゃんと解説が載っていました。本当にいいテキストですね(笑)

1. “sorry to …”

まずは【sorry to + 動詞の原形】を使った「ごめんね」の定義を見てみると、こう書いてあります↓

We say sorry to … to apologise at the time we do something.

例えば、こんな感じで使われます。

  • I’m sorry to interrupt, but do you have a minute?
    お話し中悪いんだけど、ちょっといい?
  • I’m sorry to bother you again.
    度々すみません
  • Sorry to be a pain, but can you send me more information?
    面倒をかけて悪いんだけど、もっと詳しい情報を送ってもらえる?

2. “sorry for/about …”

次に “for” や “about” が後ろに来る場合の使い方は、こんなふうに解説してあります。

You can use sorry for or sorry about (doing something) to apologise for something you did before.
・I’m sorry for (or about) shouting at you yesterday.(not sorry to shout)
You can also say: I’m sorry I shouted at you yesterday.

さて、”sorry to” と “sorry for/about” の大きな違いは分かりましたか?
それが “I’m sorry to be late” と言わない理由なんです。

Sorry

“sorry to do” vs “sorry for doing”

この違いは、定義の中に出てくる “apologise” 以降を見るとハッキリ分かりますよね。

“Sorry to” は<apologise at the time we do something>なので、何かをする時の「今から〜しますけど、ごめんね」なのに対して、”Sorry for/about” は<apologise for something you did before> なので、すでにしてしまったことを謝る「〜してごめんね」なんです。

これを踏まえてもう一度 “I’m sorry to be late” の意味を考えてみてください。

何か変じゃないですか?

遅刻したという、すでに過去にしてしまったことを謝るのは “sorry to” ではなく “sorry for” でしたよね。

(でも、しつこいようですが、一番よく使われるのは “I’m sorry I’m late” です。また、私の個人的な感覚ですが、過去のことを謝る場合はこんな風に “I’m sorry+文章” で言うことの方が多い気もします)

“sorry to” から感じるニュアンス

今日紹介した “sorry to do” と “sorry for doing” の違い、私たちは意識して使い分けますが、ネイティブは当たり前ですが自然に使い分けています。

なので、”I’m sorry to …” と言われると「おっ、これからsorryなことをされる(言われる)んだな」と無意識のうちに感じるようです。

学校で習った、”sorry” は【to+動詞の原形】【for+-ing】のどちらもある、というザックリした覚え方は今日で卒業しましょう!

ちなみに、到着前の「すみません。遅刻します」「いま遅れています」の表現は、過去のコラムで詳しく紹介しているので、こちらもぜひ読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS