意外と盲点?「メールするね」を英語で

「イケア」も「コストコ」も英語では通じない?
送料無料で洋書が安い!Book Depositoryを使ってみた
夏のお天気を英語であらわしてみよう!

スポンサーリンク

突然ですが英語で「メールするね」と言う時、どんなふうに表現していますか?

私が初めてニュージーランドに来たときに戸惑った表現の1つがこの「メールをする」なんです。

ホストマザーが「メールしてね」と言っていたのに、”email” という単語はどこにも出てこず、最初は全く意味が分からなからなかった…ということがありました。

海外生活経験のある方には当たり前のことかもしれませんが、これから英語圏の国で生活をする予定の人は必読ですよ。

メールは “mail” ではない

まずは、日本語では「メールしてね」「メールするね」と言う「メール」。

書類や写真などを「メールで送ってもらえますか?」のつもりで “Could you send it to me by mail?” と言っていませんか?

日本語の「メールで」を直訳した “by mail” は「郵送で」という意味に捉えられる可能性が高いので、注意が必要です。

“mail” にも「電子メール」の意味がないわけではありませんが、私たちが普段「メール」と呼んでいる「電子メール」は、英語では “email” と言うことの方が断然多く、誤解されなくて済みます。

また、”email” には動詞で「電子メールを(で)送る」という意味もあるので、「その写真メールで送って」は “Send me the photo by email” でも悪くないですが、”Email me the photo” の方がスッキリしますね。

携帯の「メール」は英語で?

冒頭に出てきた、私がホストマザーに言われた「メールしてね」の話に戻りましょう。

スポンサーリンク

確かにホストマザーは、私に「メールしてね」と言ったのですが、そこには “email” も “mail” も使われていなかったんです。では、何と言ったのでしょうか?

海外にお住いの方ならすぐにわかるかもしれませんね。

Communicating from the Gutter

正解は “Text me” です。

当時の私は “text” なるものが何なのか全く分からず、頭が真っ白になりましたが、”text” とは “text message” とも呼ばれる、相手の携帯電話の番号を宛先に入れると送れる携帯のメールです。日本のショートメールみたいなものですね。

海外ではこの、携帯電話でやりとりするメール(メッセージ)を “text” と呼び、gmailやYahooのようにメールアドレスでやりとりする “email” とは区別して言うことが多いです。

名詞の “text” は、”I got a text from my ex(別れた相手から携帯にメールが来た)” のように使ったり、動詞の「携帯にメールする」という意味もあるので、”Text me” と言われたら「携帯にメールしてね」ということで、”I’ll text you” は「携帯にメールするね」になります。

日本では「家に着いたらメールしてね」なんて言う場面でも、海外では “Text me when you get home” となり、ここに “email” の出番はありません。

“PM me” って何?

メールの話が出てきたので、最後に少しだけ関連したお話を。

“PM me” というフレーズを見かけたことはありますか?

私は初めて目にした時に「ん?PMってPM2.5ぐらいしか知らないけど…」となりましたが、これも実はネイティブがよく使う表現なんです。

私はFacebookの投稿でよく見かけますが、”PM” とは “Private Message” の略で、”PM me” はメッセージ機能を使って「個人的にメッセージ送ってね」という意味になります。

例えば、友達がイベントをやります!とFacebookで投稿していて、最後に “PM me if interested” と書かれていたら「興味ある人は個人的にメッセージしてね」ということです。

逆に「個人的にメッセージ送るね」は “I’ll PM you” で、こちらもよく使われるので、覚えておくと役に立つかもしれませんよ。

“text”、”email” は使い分けて

日本語では「メール」は「メール」ですが、この “text” と “email” の違いはぜひ覚えておきたいですね。

この “text” のシステムでは、相手の携帯電話番号を知っているとメールが送れてしまうので、日本のように「携帯電話のメールアドレス」というものは無いことも多いんです。

また近々、”text” を使った別の英語表現もコラムで取り上げる予定ですので、どうぞお楽しみに!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS