「ホッとする」「安心する」って英語でなんて言う?

「良い」と全く関係のない “good”
“a/an” と “one” って何が違う?
これ、英語でなんて言う?「ふとん」

スポンサーリンク

「ホッとする」「安心する」って、日常のちょっとした時に使う言葉ですよね。

例えば、連絡がつかなかった家族とようやく連絡が取れたら「ホッとする」だろうし、心配しているところに良い知らせが入ってきたら「安心したよ」と言うことがあると思います。

また、仕事のプレゼンが上手くいって「ホッとする」こともありますよね。

今回はそんな「ホッとする/した」「安心する/した」を表すフレーズを紹介したいと思います。

“relieved” で表す「ホッとした」

“relieved” という単語を聞いたことはありますか?

これは “relieve(安心させる)” という動詞に “-(e)d” がくっついて形容詞になったもので「安心した(状態)」という意味です。”bore(退屈させる)” に “-(e)d” がくっついた “bored” が「退屈した(状態)」という意味の形容詞になるのと同じパターンですね。

この “relieved” が「ホッとする」「安心する」を表す時によく使われます。それはなぜかと言うと、”relieved” にはこんな意味があるからなんです↓

スポンサーリンク

feeling relaxed and happy because something difficult or unpleasant has been stopped, avoided, or made easier (Merriam-Webster Learner’s Dictionary)

何か大変なことや好ましくないことが「ある状態」から「無い状態」になって、リラックスした気持ちのことを表すんですね。

日本語で「ホッとした」「安心した」と言う場面を想像すると分かりやすいと思うのですが、まさにこれにピッタリだと思いませんか?
気分的に緊張状態にあるというか、平穏ではない状態から解放された時に「ホッとした」と言いますよね。

そんな “relieved” は、例えばこんなふうに使われます。
震災などで誰かが無事かどうか心配していた時に「無事だよ」という知らせを聞いたら、

  • I’m so relieved that you’re safe!
  • I’m so relieved to hear you’re safe.
    無事でホッとしたよ!

みたいに言えますし、何かを聞いて「それを聞いてホッとしたよ」ならシンプルに、

  • I’m relieved to hear that.
    それを聞いてホッとしたよ

と表せます。

Happy

“relief” で表す「ホッとした」

動詞 “relieve” の形容詞が “relieved” ですが、名詞の “relief” を使っても「ホッとした」を表すことができます。

例えば、何かを聞いたり知ったりして「あー、ホッとした」「あー、よかった」と言いたい時には、

スポンサーリンク

  • What a relief!
  • That’s a relief!

と言えるんですね。
例えば、オートロックなのに鍵を忘れて部屋を出てしまった…と思ったら、ちゃんとポケットに入っていた、なんていう場合にはこんなふうに言えます↓

  • Phew, that’s a relief!
    ふぅ、よかったー!

また、”relief” は文章の中で使うこともできますよ。

  • It was a huge relief to know that he was alive.
    彼が生きていると知ってすごくホッとした

“relief” にはこんな意味も

さらに、”relief” という単語は、実は「ホッとした」以外で使われることも多いんです。

例えば、ここ最近はテキサスを襲ったハリケーンHarvey(ハービー)のニュースをよく耳にしますが、その報道の中でも “relief” が登場しています。

なぜこんなところに “relief” が出てくるのかというと、”relief” には「救援」という意味もあるんですね。
なので、大災害が起こった後には “disaster relief” という言葉がよく使われるのですが、これは、

financial or physical help provided to people or areas hit by a disaster (Collins Dictionary)

という意味で、日本語ではよく「災害救援」「災害支援」と訳されたりします。
今回のハリケーンHarveyによる災害で、”Hurricane Harvey (Disaster) Relief” というのもすでにちらほら耳にします。

また「支援物資」も “relief” を使って “relief supplies” と表現できますよ。

“I’m glad” も使えます

「ホッとした」「安心した」は “relieved” や “relief” しか使えない、ということではありません。

スポンサーリンク

例えば、普段の会話では “glad” で「あぁ、よかった」というホッとして嬉しい気持ちを表現することもあります。例えば、

  • I’m glad you’re OK.
    無事(大丈夫)でよかったよ
  • I’m glad my presentation went well.
    プレゼンが上手くいってよかった

みたいな感じですね。表現に縛られ過ぎずに、いろんな表現を使ってみてくださいね!

感情を表す単語・フレーズにまつわるコラム

感情を表す英語表現は会話でも頻出なので、ぜひ覚えて使ってみてください!











こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS