「がっかりする」って英語で何て言う?

“understand” を使わずに「分かった?」「分かる?」を英語で
“in time” と “on time” の違いって何?
“Yes” を使わずに “Yes” を表してみよう

スポンサーリンク

先日は「怒っている」という感情表現を紹介しました。
“angry” を使わなくても色々な言い方ができましたね。復習はこちらからどうぞ。

今日はまた別の感情表現「がっかりする」「がっかりした」という言い回しを紹介したいと思います。

まずは、皆さんおなじみの表現を紹介したあとに、イギリス英語でとってもよく使われる「がっかりする」「がっかりした」も紹介します。

定番の「がっかりする」

disappointed

「がっかりする」と言えば、これがまず思い浮かぶと思います。
“I’m so disappointed” と言えば「私はとってもがっかりした」という意味です。

「怒っている」の記事でも書きましたが、感情表現の形容詞は前置詞がちょっとややこしいですよね。”disappointed” も例外ではありません。

「君にはがっかりした」を英語で表現すると “I’m disappointed ( ) you” の ( ) の中には何が入るでしょうか?

正解は “in” です。
後ろに人が来る場合には “in” が使われることが多く、かなり失望度合いが高くなります。

“I’m disappointed by you (your behavior)” とも言われることがあるそうですが、これは誰かがした行為に対してがっかりしたという場合に使われるようです。

また、映画がつまらなかった場合の「その映画にはがっかりした」は “We were disappointed with the film” などという言い方をします。

スポンサーリンク

他には、”We were so disappointed with the restaurant”、”I was disappointed with the service”のように、何かが自分の期待値よりも低かった場合にも “disappointed with” で表されることが多いです。

イギリス英語でよく聞く「がっかりする」

私はニュージーランドに来るまで「がっかりする=disappointed」しか知りませんでした。
でも、イギリス英語寄りの英語をよく使うニュージーランドの人たちは “disappointed” 以外の単語もよく使うんです。

それは “gutted“。
皆さん、聞いたことはありますか?

“gutted” はオックスフォード新英英辞典によると、こんな定義です。

《Brit》《informal》bitterly disappointed or upset

「とってもがっかりした・落胆した」という感じですね。

  • I’m gutted.
    とてもがっかりした

というふうに使われます。

“disappointed” よりもかなり「がっかり」度合いが高く、”very disappointed” と同じような意味で、ニュージーランドやオーストラリアではよく使われる表現です。

Seriously? That's it?

“guts” は “I don’t have the guts to tell the truth” などのように「◯◯する勇気がある」を表す時に登場しますが、「内蔵、はらわた」という意味もあります。

また、動詞の “gut” には「(魚などの)内蔵を取る」という意味もあるんです。
魚屋さんで “salmon (gutted)” などと書いてあれば、キレイに内蔵が取り除かれた状態にしてあるよ、ということです。

さらに “gut” は「内蔵を取り除く」の他にも、火事などが建物の内部を破壊した時にも使われるので、”I’m gutted” は自分の内部が破壊されたり、はらわたがえぐられるような感情かなと思いますが、これは私の憶測です。

“I’m gutted” はイギリス英語圏のスラングのようですが、ニュージーランドでは「残念なとてもがっかりした」感情をあらわす時によく使われます。

他にもある「がっかり」の表現

let 〜 down、a letdown

“let 〜 down” もよく使われる言い回しだと思います。

  • I don’t want to let him down.
  • Don’t let me down.

などですね。また、名詞の “letdown” もよく使われます。

  • What a letdown!
  • The film was such a letdown.

のように使って、期待していたのに実際はしょうもなかった時の「がっかりした」「期待はずれ」な感じを表します。

somebody’s heart sinks

気が滅入ったり、悲しくなったり、という「がっかり」には、”somebody’s heart sinks” という表現も結構よく耳にします。

例えば、まぁまぁ良く出来たと思っていたTOEICの結果が分かって、実は点数が低かったような場合に、

  • My heart sank when I saw my score.

のように「心が沈んだ」みたいな表現をするんですね。

他には、もっと落胆したニュアンスが入ってくると “depressed” も場合によっては使えるかもしれません。

少しだけ注意が必要

“disappointed” は「がっかりした感じ」ですが、”disappointing” は「がっかりさせる(何か)」です。
“bored” と “boring”、”interested” と “interesting” の関係と似ていますね。

“I’m disappointing” とは通常は言いません。
混乱しないように、使う時にはちょっとだけ注意してくださいね。

感情を表す単語・フレーズにまつわるコラム

「がっかりした」だけでなく、感情を表す表現は会話でも頻出なのでぜひ覚えておきたいですね!
感情を表す英語表現は会話でも頻出なので、ぜひ覚えて使ってみてください!










こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS