スッキリ使い分け!「列」を表す英単語

スポンサーリンク

「列」というと、どんなものを思い浮かべますか?

お店の前にできている行列の「列」、映画館や劇場・飛行機などの座席の「列」、さらにエクセルにも「列」と「行」があります。

これらの「列」を英語で表すと、どうなるでしょうか?単語の暗記ではなく、ちゃんとイメージで理解できていますか?

さらに「最前列」「後ろから3列目」といった日常生活で役に立ちそうなフレーズも紹介します!

行列の「列」は英語で?

まずは「行列」という意味の「列」。以前、「並んでますか?」って英語で何て言う?というコラムで2つの単語を紹介したのを覚えていますか?

まず1つは、多くの人が思い浮かべる “line” です。念のためCambridge Dictionaryで意味を調べてみると、

a group of people standing one behind the other who are waiting for something
・I had to wait/stand in line for three hours to get tickets.

となっています。でも、”line” はアメリカ英語なので、イギリス英語寄りのニュージーランドではほとんど耳にしません。その代わりに使われるのが “queue(キュー)” です。

この”queue” が、以前のコラムで紹介したもう一つの「行列」を表す単語でしたね。

いつも長蛇の列ができているレストランは、”There’s always a long queue outside the restaurant” なんていうふうに表せます。

スポンサーリンク

「最前列」「後ろから3列目」は英語で?

York Theatre Royal refurbishment - 9

次は、映画館や劇場・飛行機などの座席の「列」です。これには “row” が一般的によく使われます。では、”row” はどんな意味なのかというと、

a line of things, people, animals, etc. arranged next to each other

です。では、”queue/line” との違いは何なのでしょうか?それは、それぞれの定義を見れば分かります。

“queue/line” は “one behind the other” なのに対して、”row” は “next to each other”、つまり【横並び】です。なので、映画館や飛行機の【横に連なった】座席の「列」には “row” が使われるんですね。

座席の「最前(後)列」は “the first/last row (of seats)”、「5列目」は “the fifth row”、「後ろから3列目」は “the third row from the back” となります。数字が大きい場合には “I was sitting in row 34” のように言うことが多いです。

ちなみに「前/後ろの方の席(に座る)」という意味で “(sit in) the front/back row” もよく使われますよ。

また、飛行機の非常口のところにある少し足元のスペースが広い席は “exit row seat” なので、覚えておくとどこかで役に立つかもしれませんね。

Exit row seat

エクセルの「列」は英語で?

最後はExcel(エクセル)の「列」です。

仕事でExcelを使っているという方も多いと思いますが、Excelには「行」と「列」があります。そして、実はここでは「行」が “row” なんです。「列」は “column” といいます。

そうなると、どっちがどっちだか分からなくなりそうですね。

Excel row column

そんな時には、先ほど紹介した “row” のイメージを思い出してください。”row” は【横並び、隣り合った】というイメージでしたよね。なので、セル(マス目)が横に連なっているのが “row” です。(画像の赤い部分)

逆に、”column” には「円柱」という意味があります。誰もが一度は写真で見たことのある、パルテノン神殿の立派な円柱を思い出してもらうと分かりやすいですが、あれが “column” です。

垂直方向に伸びるのが “column”(画像の青い部分)なので、エクセルの “row” と “column” はそれぞれが持つ単語のイメージで理解すれば簡単ですね。

“in a row” も覚えておきたい

“row” を使ったイディオムに、”in a row” というものがあります。

以前に、2日連続などの「連続」を英語でなんていう?というコラムでも紹介しましたが、”in a row” を使うと「〜日(年)連続」が簡単に表せてしまいます。

こちらも会話でとてもよく出てくる表現なので、ぜひ覚えて使ってみてくださいね!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS