ネイティブ流 時間のあらわし方

英語で答えに困る質問をされたら
英語にも「そもそも」という表現はある?
意外と間違いやすい「Tシャツ」を英語で

スポンサーリンク

英語で会話するときに避けて通れない話題の一つに「時間」がありますよね。
誰かと待ち合わせをしたり、仕事のミーティングなら絶対に間違えられません。

時間の言い方なんて簡単!1時は “one o’clock” で5時半は “five thirty” だよね?というアナタ。

そうなんです。その通りなんですが、ニュージーランド人はもっといろんなテクニックを駆使してきます。

私はニュージーランドで働くようになって「こんな言い方、学校で習ったっけ?」というぐらい、最初はネイティブの言いまわしに惑わされました…

今回は、そんな「ネイティブ流 時間のあらわし方」のお話です。

ステップ1:◯時ピッタリ、◯時半を英語で

上でも少しだけ触れましたが「◯時ピッタリ」を表す時は簡単です。

◯ o’clock

ですね。
これはニュージーランド人もこう言います。

では「◯時半」の時はどうでしょうか?

正解は “◯ thirty” …と言いたいところですが、大半のニュージーランド人はこう言います。

スポンサーリンク

half past ◯

1時間の半分が過ぎた、というニュアンスですね。
例えば、1時半なら “half past one” といった具合です。さらにくだけた場合には “half one” も使われます。

ステップ2:◯時10分、◯時50分を英語で

ちょっとステップアップしてみましょう。

「5時10分」を英語で言うと、どうなるでしょうか?”five ten” でしょうか?
ネイティブはなかなか難しい言い方をしてきますよ。正解は、

ten past five

です。「5時を10分過ぎました」ということです。

では「5時50分」はどうなるでしょう?
イメージとしては「6時まであと10分」という表現です。正解は、

ten to six

です。イチイチそんなややこしい表現しなくていいのに…と思ってしまいますが、この “past” と “to” は慣れてくると、とっても便利です。

Clock on East Montague

ステップ3:驚きの「◯時15分」の英語表現

さらに「1時15分」は、ほとんどの人は “one fifteen” とは言わないんです。
たいがいの人はこう言います。

(It’s a) quarter past one

また “past” が出てきましたね。15分は1時間の四分の一なので「1時を(1時間の)四分の一過ぎた」という言い回しをするんです。

では「1時45分」はどうでしょうか?
同じカンジでいくと、また “quarter” を使うんだろうなぁ…という気がしてきますね。正解は、

quarter to two

「2時まであと(1時間の)四分の一」ということですね。
かなり脳ミソが疲れますが、ニュージーランド人はこの “quarter” も本当によく使います。

今回紹介した言い回しが初耳、という方は今日からでもゼヒ使って練習してみてください。慣れるまではむずかしいですが、イギリス英語で会話をする時には必ず役に立ちますよ。

また、自分では使いこなせなくても、相手が何と言っているのかを理解するためにも、こんな言い方があるということを知っておくといいと思います。

「1:30」か「1.30」。コロンかピリオドか

ちなみに、日本やアメリカでは時間の表記は「1:30pm」と真ん中の点は二つのコロンが使われることが多いですが、ニュージーランドでは「1.30pm」と真ん中の点は一つだけ(ピリオド)をよく見かけます。

必ずしも全てに当てはまる訳ではないですが、ここでもイギリス英語とアメリカ英語の違いが表れていて面白いですね。

時間の聞き方も覚えておきたい

時間の表し方はこれで完璧ですね!
では、合わせて「いま何時ですか?」と尋ねる表現も覚えておきましょう。

実は “What time is it now?” はあんまり使われてないって知っていましたか?↓

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS