“recommend” ちゃんと使えてますか?

知ってると便利!「隔週ごとに」の表現
「大変」に “hard” ばかり使っていませんか?
「痛い」って英語で言えますか?

スポンサーリンク

普段の生活のなかで「おすすめ」という言葉、よく使いませんか?

美味しいレストランを発見したら、友達に「あの店、すっごくおすすめだよ」と言ったり、飲食店では「本日のおすすめ」なんていうメニューがあったりしますよね。

また、日刊英語ライフでも「おすすめテキスト」を紹介したりしています。

そんなよく使う「おすすめ」という表現、英語でも言いたくないですか?

“recommend” という単語は、たいていの人が知っていると思います。
ですが、この単語、ちゃんと使えていますか?

「その本、おすすめだよ」を英語で

友達と話をしていて、最近話題になっている本の話になったとしましょう。

あなたはその本をすでに読んだことがあって「その本おすすめだよ」と友達に言いたい時、英語で何て言えばいいでしょうか?

早速、”recommend” を使ってみましょう。

I recommend the book.

これが一番シンプルですよね。
もしくは “I recommend reading the book” とも言えます。

スポンサーリンク

「(人)が〜するのをおすすめする」を英語で言うと?

では、次はもう少し、ややこしくてみましょう(笑)

変な日本語ですが「私はあなたがその本を読むのをおすすめします」を、そのまま英語にしたらどうなるでしょう?

「誰・何・どうする」が一つの文章の中に同時に出てきたら、急に頭の中がごちゃごちゃになりませんか?

下のどちらが自然な英語か選んで下さい。

・I recommend you to read the book.
・I recommend that you read the book.

どちらだと思いましたか?

ネイティブが聞いて自然に聞こえるのは、圧倒的に下の文章の、

I recommend that you read the book.

なんだそうです。

picture book

“I recommend you to read the book” って普通に使えそうな気がしますよね?でも、ネイティブはこうは言わないようです。

「言わないようです」と書いているのには訳があります。

文法書やテキストによってはこの使い方を可としているものもあるので、ニュージーランド人の英語の先生に聞いてみたのですが、”recommend you to read” は自然な英語ではないので、ネイティブの耳にはとても不自然に聞こえると教わりました。

その後も気になってネイティブが話しているのを注意して聞いてみても、やはり私が耳にする限りでは “recommend you to read” は使われていません。

厳密な「正解・不正解」というよりも、どちらのほうが「より自然に聞こえるか・伝わりやすいか」と言うと “recommend+that+人+動詞” となります。

“to” の使い方に注意

“recommend you to read” とは言わないからと言って、”recommend” と “to” は絶対に一緒に使わないということではありません。

これがまた混乱しがちなので、注意が必要です。

「誰に」おすすめするかを表したい時には “to 誰” という表現になります。”recommend you” ではなく、”recommend to you” です。

「彼女はそのレストランを私にすすめた」は、
“She recommended the restaurant to me”

「それは誰にもおすすめしないわ」は、
“I wouldn’t recommend it to anyone” です。

“recommend” の使い方、まとめ

注意点が多すぎて頭がこんがらがりそうなので、まとめてみましょう。

recommend + おすすめする物

recommend + おすすめする物 + to + 誰

とにかく「誰に」は “to” を使うのを忘れずに。
そして、一番こんがらがりそうな「誰かに何かするのをおすすめする」時の語順は、

recommend + (that) + 誰 + 何する

ですが、この際 “I recommend that you read the book” と、センテンスで覚えてしまいましょう!

日刊英語ライフ超オススメの英語教材

日刊英語ライフが全力をあげてオススメする文法・ボキャブラリーのテキストを詳しく紹介していますので、ぜひ読んでみてください!↓

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS