英語と日本語の大きな違い

You are not hungry, are you? に正しく答えられますか?
“delicious” を使わずに「美味しい」って言えますか?
「少しは」「少しも」って英語で何て言う?

スポンサーリンク

英語と日本語の違いって何だと思いますか?

使う文字が違うのはもちろんですが、日本人が英語を初めて習った時に苦労するのは「語順の違い」ではないでしょうか。

授業ではS+V+O+Cなどと習いましたが、今日はその話ではありません。

自分が英語で話していることがなかなか通じない、相手に上手く伝わらないとお悩みの方にぜひ読んでもらいたい「英語と日本語の基本的な違い」のお話です。

頭の中で日本語→英語に直訳してはいけないワケ

英語で話すことに慣れないうちは、頭の中で言いたい日本語に当てはめるようにして英語に訳していきますよね。誰でも最初はそうだと思います。

それ自体が悪いのではなく、それをする時に「あること」に気をつけないと、とても通じにくい英語になってしまうんです。

それが「語順」です。

英語はとにかく、重要なことを先に言うという特徴があります。それに対して、日本語は最後まで聞かないと何が重要なのか分かりにくいという性質があると思います。

どういうことなのか、具体的に例を挙げて見てみましょう。

スポンサーリンク

何を伝えたいのか?がカギ

例えば、靴屋さんでスニーカーを買ったとしましょう。家に帰ってよく見てみるとシミがついていたので、翌日お店に持って行って返金してもらうという場面をイメージしてみて下さい。

日本語では「シミがついているので返金してもらえますか?」と言うのが一般的ですよね。では、英語ではどう言ったらいいんでしょうか。

New shoes
© Dave Morris

いろんな表現があると思いますが、上の日本語をそのまま英語にしてみると “Because it has a stain on it, could I have a refund?” のようになりますよね。

これが、日本語→英語にそのまま直訳してはいけない理由の一つなんです。

英語では結論・一番伝えたいことが先に話されるので、相手もその語順に慣れた耳になっています。なので、開口一番いきなり “Because it …” で始まると「???」となってしまうんです。

ここは “I’d like a refund” という一番重要なパートを先に言うことが大事です。そして、その後に “because it has …” と理由を付け加えるとスムーズに理解してもらえると思います。

日本語の語順に惑わされないために

何かをしたいと伝える場合に、英語では「〜したい。なぜなら・・・だから」という話し方になるのに対して、日本語は「・・・だから〜したい」という順番になることが多いです。

でも、英語で話すときには【話す順番が違う】ということを頭に入れておくことが大切です。

頭の中で日本語→英語にする時も、とりあえず自分が何をしたいのか、何をしたのかなど、結論から話すことを忘れないようにして、それに必要な情報はあとで足していけばいいんです。

簡単だけど、意外に忘れがち

普段は分かっていても、長い文章で話そうとしたり、理由を細かく説明したり、という場合になると忘れてしまいがちです。

また、単語をたくさん知っていて、長い文章を作るのが得意な人でも、英語で話すのに慣れていないと、理由や補足情報から話し出してしまう人が多い気がします。

長い難しい文章で話さなくてもいいんです。短い文章でいいので、必ず結論・一番伝えたいことを先に伝えるようにしてみましょう。そうすると、もっと伝わる英語になりますよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS