“maybe” には要注意?

「私は花粉症です」って英語で何て言う?
「(注文は)まだ決まってません」「もう少し時間をください」って英語でなんて言う?
“hope” と “wish” の違いは?使い分けを簡単解説!

スポンサーリンク

「たぶん」って、日常生活でとってもよく使う言葉だと思いませんか?

「明日晴れるかな」「たぶんね」
「年末はたぶん実家に帰るよ」
「冷蔵庫に牛乳ってあったっけ?」「たぶん無かったと思う」

と、曖昧な感じを表すことができるので、ついついよく使ってしまいますよね。そういう私も、1日に1回は会話の中で使っているような気がします。

その「たぶん」を英語で表現しようとして “maybe” ばかり使っていませんか?

“maybe” は日本人には馴染みのある単語ですが、実はちょっと使い方を注意しておきたい単語でもあるんです。

簡単なようで、実は要注意な “maybe”

“maybe” が「たぶん」を意味するのはほとんどの人が知っていると思いますが、辞書で “maybe” の意味を調べてみたことはありますか?

Macmillan Dictionaryには、こんな定義が書いてあります。

スポンサーリンク

used for showing that you are not sure whether something is true or whether something will happen.

何かが本当にそうかどうか、何かが起こるかどうかが “not sure=不確かな” 場面で使うようです。確かに、これを日本語では「たぶん」で表現しますよね。

でも、ここには書かれていない、もっと大事なことがあるんです。これを間違えるとかなり致命的と言ってもいいかもしれません。

それは、

  1. “maybe” の確信度合いはかなり低い
  2. “maybe” で返事をする時は要注意

ということです。

“maybe” は万能ではない

「たぶん」の英語表現を勉強していると、どこかでこんな話を聞いたことがある人もいるかもしれません。

probably・・・確信度80%〜
likely・・・確信度50%〜
maybe/perhaps・・・確信度30-50%
possibly・・・確信度10-30%

これは人によって若干の違いもあるので、パーセンテージを暗記する必要はないと思いますが、だいたいどれぐらいなのかは覚えておいたほうがいいです。

ここで “maybe” を見てみてください。五分五分よりも確信が持てない「たぶん」が “maybe” なんですね。(”perhaps” の方がちょっとフォーマルな印象です)

しかも “maybe” は、基本的に自分で決断・コントロールできないことを推測する「分からない」によく使われます。「明日晴れるかな?」「たぶんね」のような「たぶん」です。

スポンサーリンク

その他には、敢えて “Yes/No” をハッキリ言いたくない場合、ごまかしたい場合にも使います。

なので、”Maybe I can go” のように、自分でどちらか決められることに関して “maybe” を使ったり、確信度の高い「たぶん大丈夫」「たぶん行くよ」のつもりで “maybe” を使ってしまうと、相手は違うニュアンス(あまり乗り気でない、やんわりした “No” の意味)で受け取ってしまうことになります。

maybe if...

“Maybe.” の怖さ

“maybe” で私がいつも思い出す、こんなエピソードがあります。

私は以前、ニュージーランドにある温泉宿で受付をしていたのですが、お客さんに「夕食の予約、○時に入ってるよね?」と確認された時に、日本人の後輩スタッフが、”Maybe.” と答えたんです。

それを聞いたお客さんは “What do you mean by ‘Maybe’?” と怒ってしまいました。

では、お客さんはなぜ怒ったのでしょうか?

“Maybe.” は質問の返事として使われることもありますが、上のような、相手が “Yes” か “No” のハッキリした返事を求めている場合に使ってしまうと、イラッとされることが多いんです。

スポンサーリンク

その理由は、先にも紹介した通り、確信度が低い「たぶんね」なので、ちょっと他人事のような印象や、真剣に考えていない感じ、誠実さに欠ける適当な返事に受け取られてしまうことがあるからなんです。

この場合、後輩のスタッフは「たぶん大丈夫です」のつもりで言ったそうなのですが、相手はそうは受け取らず、プロフェッショナルな返答として有り得ない “Maybe.” にカチンときてしまったんですね…

“Maybe.” 単独で使うときは気をつけて

とは言っても、「パーティー来るよね?」のような質問に、”Maybe.” と答えてはいけないわけではありません。

でも、この場合は上でも触れましたが、あまり気乗りがしない印象を相手に与えてしまう可能性があります。

なので、特に意図しない場合には相手の質問に対して “Maybe.” 単独での返答は避けたほうがいいように思います。

もし使うとしたら、”Maybe.” の後ろに “I haven’t decided yet(まだ決めてないんだ)” など、不確かな理由を付け加えると変な誤解は生まれずに済みますよね。

ほぼほぼ行けるけど、もしかしたら行けないかも…という「たぶん」なら “Maybe” ではなく、”Probably” の方がいいでしょう。

「たぶん」をよく使う私たち日本人にとっては、なかなか難しい「たぶん」の英語表現。よく使われる単語やフレーズなどは、また別の機会に紹介したいと思います。

スポンサーリンク

■現在や未来の「〜かもしれない」という【可能性】には “could” が使われることもあります↓

■「行けたら行くね」の英語表現はこちらで紹介しています↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS