“want to” の意外な使い方

英語の「いつか」は選ぶ単語がけっこう大切
「どうしたの?」のいろんな英語表現
「マックフルーリー」の「フルーリー」の意味とは?

スポンサーリンク

先日、街で “want to” の面白い使い方を耳にしたので、今回はそのことを書いてみたいと思います。

その日、私は海の近くを歩いていたら向こうから中年の男性が2人歩いてきました。
目に入ったので何気なく見ていると、1人は途中で立ち止まり、もう1人は私とすれ違ってどんどん先に歩いていってしまいました。

そのあたりにはたくさんの屋外アートが置かれていたのですが、立ち止まった男性の目の前には、誰かの言葉が刻まれた石のアートが。

その言葉を読んでいた男性は、先に行ってしまったもう1人の男性に向かって大きな声で “Hey Rob, you want to read this!” と言ったんです。

「ロブ、あなたはこれが読みたい!」ってすごく違和感がありませんか?
これは一体どういう意味なのでしょうか?

ポイントは “want to”

そう言えば、以前書いた「雪だるまつくろうは英語で?アナと雪の女王より」のコラムでも “want to” を紹介しました。
“Do you want to build a snowman?” で「雪だるまを作ろうよ」という意味でしたよね。

今回も “want to” のお話ですが、”Do you want to build a snowman?” の使い方とは少し違います。
男性が言ったセリフをもう一度確認しておきましょう。

スポンサーリンク

  • You want to read this.

です。相手に質問しているのではありません。

この場合は、相手はもうすでに先の方に歩いていってしまっているので、相手が読みたいかどうかは関係なく、一方的に言っているカンジです。

この “want to” は一体どういう意味なのか、見当はつきましたか?

「〜したほうがいい」の “want to”

うまく日本語に訳せない “You want to read this.” ですが、実はこの “want to” の使い方は意外とよく出てくるんです。

英英辞書をお持ちの方は、”want” を引いてみて下さい。
オックスフォード新英英辞典には、最初にこんな意味が出てきます。

have a desire to possess or do (something); wish for

お馴染みの「〜が欲しい」や「〜したい」ですね。
では、もっと下の方まで読んでみて下さい。こんな意味が出てきませんか?

《informal》should or need to do something

“want” には、実はこんな意味もあったんですね。

“You want to 〜” は「〜した方がいいよ」とカジュアルに言う時に使われる、とても英語っぽい言い回しです。
相手が何かしたいと決めつけているような言い方に聞こえますが、そうではありません。

スポンサーリンク

これで “Hey Rob, you want to read this.” の謎が解けましたよね。

アートに刻まれていた言葉を読みながら「Rob、これ読んだ方がいいよ!」と言っていたんです。ニュアンスとしては「ちょっとちょっと、これ読んでよ」のような感じですね。

「〜したほうがいい」”want to” の使い方

例えば、あなたが最近食べ過ぎているのに気付いた彼(彼女)に、

  • You want to eat less.

と言われたら、それは「(食べすぎだから)ちょっと控えめにした方がいいよ」ということです。

tiramisu

また、この “want to” は否定形でもよく使われます。

例えば、女の子2人が「花子さんの彼ってイマイチだよね」と話しているとしましょう。

そこに突然、花子さん本人が現れて、2人に “Hey, what are you guys talking about?” と話しかけてきました。2人はビックリして花子さんに、

スポンサーリンク

  • You don’t want to know.

と言ったとします。これは「あなたは知りたくない」ではなくて「あなたは知らない方がいいよ」というニュアンスになるんです。

この “want to”、会話ではよく使われるものの、辞書にもあるようにあくまでも《informal》なので、きちんとした場では使わない方がいいですね。

ぜひ覚えておきたい “may/might want to”

英語には「〜した方がいいよ」などの「提案をする表現」がたくさんありますが、その中から表現を選ぶ時に「相手にどう聞こえるか」が気になることってあると思います。

「きつい感じで受け取られたら嫌だな」や「できるだけやんわり言いたいんだけど」と思った事はありませんか?

そんな時に使われることが多いのが “may/might want to” です。

今回紹介した “want to” に “may/might” がくっついて、婉曲的な「〜した方がいいのでは」「〜したらどうだろう?」になるので、丁寧でやわらかい印象を与えます。

例えば、あなたがすごくいい英語教材を見つけたとします。そこで英語を勉強している友達に、

  • You might want to try this.

とおすすめすれば「これ、いいから使ってみたらどうかな?」のような、押し付けがましくない感じが出ます。

慣れないとなかなか口からスッと出てこない、こんな “want to” の使い方ですが、ネイティブは口語でよく使うので「へー、そんな使い方もあるんだ」と頭の片隅に入れておくだけでも、どこかで役に立つと思います!

スポンサーリンク

■「〜した方がいい」と訳される “had better”。実はちょっと注意が必要な表現です↓

■その他にも、”want to”は口語で「〜しない?」「〜してくれない?」という意味でも使われます↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS