“think” と “hope”。否定形には要注意?!

“look” と “look like”、使い分けられてますか?
イマイチ正体がつかめない “freak out” って何?
使い方には注意したい「少々お待ちください」

スポンサーリンク

こんなシチュエーションを想像してみてください。

あなたは友達に「明日は雨降ると思う?」と聞かれました。
次の2つのパターンで返事をしてみましょう。

  1. 「降らないと思うよ」
  2. 「降らないといいな」

さて、どんなふうに英語で表現しますか?

“think” を使って「雨は降らないと思うよ」

まずは「明日は雨降ると思う?」「降らないと思うよ」
この会話を英語にしてみましょう。

「明日は雨降ると思う?」を “Do you think it will rain tomorrow?” で聞かれたとして、答えが「降らないと思う」の場合はこんなふうに言えますよね。

(No,) I don’t think so.

また、会話の答えとしては冗長ですが「明日は雨は降らないと思う」は、

I don’t think it will rain tomorrow.

とも言えます。ただ「明日は雨は降らないと思う」の語順を忠実に英語に置き換えた、

  • I think it won’t(=will not) rain tomorrow.

とは普通は言いません。

“hope” を使って「雨が降らないといいな」

では次は「降らないといいな」というバージョンの返事を考えてみましょう。

スポンサーリンク

「〜だといいな」を表すには “hope” が使えましたよね。
(”wish” との違いは以下のコラムで詳しく解説しています↓)

では、”hope” を使って「雨が降らないといいな」と返事をする場合、どう言いますか?
これもちょっと冗長なものが含まれていますが、文章的にナチュラルだと思うものを2つ選んでみてください。

  1. I don’t hope so.
  2. I hope not.
  3. I don’t hope it rains tomorrow.
  4. I hope it doesn’t rain tomorrow.

Looking Out My Window

“not” の位置に要注意

上の “hope” を使った4つの文章のうち、一般的によく使われるのは2番と4番なんです。

では「(雨は)降らないと思うよ」「降らないといいな」を表す文章をもう一度整理してみましょう。

  • I don’t think so.
  • I don’t think it will rain tomorrow.
  • I hope not.
  • I hope it doesn’t rain tomorrow.

【”not” の位置の違い】に気付きましたか?

降らないと思うよ」「降らないといいな」を日本語どおり忠実に英語にしたらどちらも後ろに “not” が来そうな気がしますが、英語のルールではそうはなりません。

“think” を使った文章を否定形にする場合は “not” が前に出て “don’t think(〜とは思わない)” となるのに対して、”hope” の否定形では “hope not(〜ではないことを望む)” となるんですね。

他の単語はどっちのパターン?

“I think so” や “I hope so” 以外にも、会話の中で “I expect so”、”I guess so”、”I’m afraid so”、”I suppose so” という返事をすることがありますが、これらの否定形はどうなるでしょうか?

English Grammar in Useにはこんなふうに書いてあります。

  • I expect so → I don’t expect so
  • I guess so → I guess not
  • I‘m afraid so → I’m afraid not
  • I suppose so → I don’t suppose so / I suppose not

他にも “I believe so” の否定は “I don’t believe so” になります。

ちょっとややこしいですね。間違えても言いたいことはちゃんと伝わると思いますが、自然な英語を身につけたい方はちょっと意識してみてくださいね。

特に “I don’t think so” と “I hope not“、文章の “I don’t think 〜” と “I hope 〜 not 〜” は会話で使うことがとっても多いので、しっかり覚えておきたいですね!

■イギリス英語で使われる “think” を使わない「〜だと思う」の表現はこちら↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS