「もったいない」って英語で何て言う?

「かわいそう」って英語で何て言う?
“call” は「電話する」だけじゃない
「ボーダーのTシャツ」は英語で “border T-shirt”?

スポンサーリンク

「もったいない」という言葉、どんな時に使いますか?

「ご飯を残すなんてもったいないよ」
「時間がもったいない」
「盛り付けがキレイすぎて食べるのがもったいない」
「私にはもったいないぐらいの人だ」

「もったいない」とひとくちに言っても、いろんな意味で使われますよね。

英語で「もったいない」を表す言葉がない、と聞いたこともありますが、それって本当なんでしょうか?

そもそも「もったいない」って何?

日本に古くからある「もったいない」という言葉は、もともと仏教用語から来たそうですが、大辞泉には

有用なのにそのままにしておいたり、むだにしてしまったりするのが惜しい。身に過ぎておそれ多い。

という意味が載せられています。

10年ほど前にケニアの環境保護活動家ワンガリ・マータイさんが “Mottainai” を世界に広めようとして活動していたのを覚えていますか?

「もったいない」は、自然に対する敬意やリスペクトが込められた素晴らしい言葉だとマータイさんは大絶賛しました。

それって「もったいない」という概念が世界には無かったということでしょうか?

スポンサーリンク

英語にもあてはまる単語はある?

Wikipediaを見てみると、”Mottainai” という英語で書かれた項目があります。
そして、そこにはこう書いてあります。

Mottainai is a Japanese term conveying a sense of regret concerning waste.

無駄(waste)に関する考え方だと書かれています。

確かに「ご飯を残すのはもったいない」「水を出しっぱなしにしてもったいない」と言うのは「無駄にしてはいけない」という意味が込められていますよね。

私が知る限り、ニュージーランドで “mottainai” を使っているニュージーランド人はいませんが、食べ物や水を無駄にしてはいけないという意識を持っている人は多いと感じます。

そんな人たちが「無駄にしないで」と言う時には、やはりWikipediaにあるように “waste” という単語を使うことが多いです。

英語で「もったいない」

“waste” には「無駄にする」と「無駄使い」という意味がありました。

大量の食べ物が捨てられようとしているのを見て “What a waste!” と言ったり、水道を出しっぱなしにすると “You’re wasting water.” と言われたりします。

つまらない映画を見た後には “It was a waste of money/time.” と「お金/時間が無駄だった」というふうに使われることもあります。

このように私たちが「もったいない」と口にする場面で、英語では “waste” を使って表現します。

What a waste, and so sweet

では、「もったいない」という日本語と “waste” を使った英語の表現は完全に同じ意味なのでしょうか?

もったいない = waste?

ここからは私の個人的な意見なので、間違っているかもしれません。

ニュージーランドの人が “What a waste!” と言っている場面を見ていて私は「もったいない」と全く同じではないような気がしていました。

例えば日本語では、食事を残すのは「もったいない」から残さない。
まだ使えるものは「もったいない」から捨てない。

という言い方をしますが、この「もったいない」は、捨てることに「申し訳ない」という気持ちが強く込められていて、気持ちを表す言葉にもなっていると思います。

でも “What a waste!” や “You’re wasting food.” とニュージーランドの人が言う時には、気持ちの部分よりも「貴重なものを無駄にしている」という事実を強く言っていて「申し訳ない」という感情的なものは『もったいない』に比べてかなり少ない気がしています。

結局のところ、どうなの?

「もったいない」と “What a waste!” が完全に同じではない場合もあると私は思います。

でも「時間・お金がもったいない」という “It’s a waste of time/money.” は私にはしっくりきます。

いつも言うように、一つの日本語でもいろんな意味が含まれていて、使う場面も様々だったりします。そして、言葉には必ず文化や習慣が影響しています。

日本人の中でも人によって「もったいない」の感じ方は違うかもしれません。
そうすると、違う文化・習慣を持った人たちが、違う感じ方に合った言葉を使っているのは不思議ではないですよね。

直訳が難しいのはそういったことも影響してくるのだと思います。

でも、日本人が『もったいない』と口にする場面で “What a waste!” や “You’re wasting ◯◯”、”It’s a waste of ◯◯” という英語が使われるのは確かなので、この表現が一番近いんだと思います。

ちなみに、盛り付けが綺麗すぎて「食べるのがもったいない」という時には “It’s too beautiful to eat” と言ったり、「花子ちゃんは彼にはもったいないぐらいの人だ」は “Hanako is too good for him” と、”too” を使って表現します。

英語にしにくい日本語の定番

過去に紹介した【英語にしにくい日本語】の定番はこちら。ぜひ合わせてご覧ください!↓






こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS