ネイティブがよく使う “be looking to do” ってどんな意味?

カタカナ英語とはイメージが違う単語 “snack”
けっこう便利!名詞を一瞬で形容詞に変える方法
ネイティブがよく使う “catch” の表現

スポンサーリンク

“look to do” が進行形になった “be looking to do something” というフレーズを耳にしたことはありますか?

実はこれ、ネイティブが結構よく使うフレーズなのですが、意外と知られていないように思います。

知っておくと役立つ機会も多い “be looking to do 〜”、ぜひ使い方をマスターしてしまいましょう!

“I’m looking to do 〜” の意味は?

このフレーズ、私は以前の職場のホテルでとてもよく耳にしました。

例えば、電話で宿泊の問い合わせをしてきたお客さんが、

  • Hi, I’m looking to come and stay with you.

と言ってから、予約する前に知りたいこと(部屋のタイプの違いは?料金に含まれているものは?など)を質問してくる、といった感じです。

come and stay with you” はこの場合「そちらに泊まりに行く」という意味ですが、それに “I’m looking to” がくっつくとどんな意味になると思いますか?

スポンサーリンク

「〜しようと思っている」

“I’m looking to come and stay with you” とは「泊まりに行こうと思ってるんだけど」みたいな意味になるんです。

それはなぜかと言うと、”be looking to do something” には、

to want or try to do something (Merriam-Webster Learner’s Dictionary

といった意味があって、”expect to” とか “plan to” のような意味合いを含んでいることもあります。

簡単に言うと「〜しようと思っている」とか「〜しようとしている」というニュアンスなのですが、ただ単に「〜したい」という気持ちだけではなく、じっくり考えていたり、方法を模索したり、検討・計画したりしているニュアンスで使われることが多いです。

“look to do” ではなく “be looking to do 〜” のように必ず進行形になるのが特徴ですよ。

information

ちょっと大きな決断に使われることが多い

この “be looking to do” は「今日はラーメンを食べようかと思っている」とかではなく、じっくり考えるような決定に使うことが多いです。

  • I’m looking to buy a house in Tokyo.
    東京に家を買おうと思っている
  • I’m looking to change careers.
    転職しようと思っている
  • The company is looking to hire 300 part-time workers.
    その企業は300人のパートタイム労働者を雇おうと考えています

みたいな感じですね。先日も、野球の松坂大輔選手のニュースが英語のニュースに登場していて、その見出しが、

スポンサーリンク

  • Daisuke Matsuzaka is looking to pitch in Japan again.

となっていました。

最後に1つ注意点を。”be looking to” の後ろには動詞の原形が入ります。
“be looking forward to 〜(〜を楽しみにしている)” と混乱しないようにしてくださいね。こちらは “to” の後ろには動詞のing形(または名詞)が入りますよ。

ネイティブがよく使うフレーズ

ネイティブが口語でよく使うフレーズを紹介したコラムはこちら。気になるものがあればぜひ読んでみてくださいね。









こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS