簡単なのにイメージしにくい食べ物の名前

“Oh my God” ってどう使う?”Oh my gosh/goodness” って何?
“OK” の使い方には要注意?!
“No, thank you” を使わずに「結構です」を英語で

スポンサーリンク

皆さん、海外旅行の楽しみは何ですか?
観光・ショッピングなど人それぞれだと思いますが、私は食べ物が一番の楽しみです。

海外でレストランに行くと英語のメニューが出てきますが、食材や調理法などの単語が難しくて分からないことってありませんか?

今日のコラムはそんな難しい単語の話ではありません。

誰もが知っている食べ物の単語なのに、知っている意味とは違う使い方がされるもののお話です。

サラダ

「サラダ」が英語なのは、今さら言うまでもないですよね。
日本語にもなっているので、サラダが何か知らない人なんていないと思います。

では、”salad” の意味を知っていますか?

辞書を引いてみると、一番最初に「サラダ《主に青菜・生野菜にドレッシングをかけて添え物とするもの》」という意味が載っています。
私たちが知っている “salad” ですよね。この “salad” は、レストランのメニューに “green salad” と書かれていることもあります。

では “fruit salad” と言われると、どんなものを想像しますか?

みかんやリンゴなどのフルーツが、サラダの具に混ざってマヨネーズなどで和えたものを想像してしまいませんか?それが、実は違うんです。

スポンサーリンク

“fruit salad” はニュージーランドのカフェの朝食メニューにわりとよく登場しますが、今まで見た “fruit salad” に野菜は一切入っていません。

“fruit salad” とは、いつものオックスフォード新英英辞典によると、

a mixture of different types of chopped fruit served in syrup or juice

です。イメージはこんな感じですね↓

Fresh Fruit Salad

実は、”salad” には「混ぜ合わせたもの、寄せ集め」という意味もあるんです。
なので、”fruit salad” は「フルーツの寄せ集め」といった感じですね。

ケーキ

これも今さら感満点な単語です。

「ケーキ」は小さい子どもでも知ってますよね。
スポンジケーキがホイップクリームやチョコクリーム、フルーツなどで飾り付けられた甘いお菓子です。

英語の “cake” も、皆さんが知っている意味で間違いないです。
味や見た目が日本のケーキとはちょっと違ったりすることはありますが “cake” は「ケーキ」です。

では、”fishcake (fish cake)” って、どんなものを想像しますか?

ケーキと魚はどう間違えても合わなさそうだし、絶対に食べたくないですが、”fishcake” は、実はカフェでは人気メニューだったりします。

“fishcake” は「ケーキ」と名前が付いていますが、生クリームたっぷりの「ケーキ」は関係ないんです。

“cake” の別の意味がオックスフォード新英英辞典に、こう書かれています。

an item of savoury food formed into a flat round shape, and typically baked or fried

“fishcake” とは、魚をほぐした身とジャガイモの平べったい魚版コロッケのようなもので、揚げる場合もあれば、そのままフライパンで焼く場合もあります。

焼いた場合の見た目はこんな感じです↓

Buffet meal #1

バター

最後はレストランのメニューにも登場する “battered fish” です。
これって、どんな料理を想像しますか?

「バター」なので、バターでソテーしたお魚料理でしょうか?

ちょっと混乱しやすいのですが「バター」のスペルは “butter” なので、ちょっと違うんです。

レストランでメニューを見ながら『今日はちょっと胃がもたれてるから魚にしようかな』と、何も知らずに “battered fish” を選んでしまうと大変な目に遭います。

この “batter” とは、卵・小麦粉に牛乳や水を加えたユルい生地(衣)のことで、”battered” とは「衣をつけて揚げた」という意味なんです。

Fish and Chips

天ぷらの衣は “tempura batter” と言われたり、イギリスやニュージーランドで有名なフィッシュ&チップスの「フィッシュ」も “battered fish” です。

あっさりした魚料理を頼むつもりで “battered fish” を注文してしまうと、衣がついてサクッと揚がった、胃もたれ間違いなしの料理が出てきてしまいますので注意して下さいね。

知っている単語で「?」となったら

今日紹介した単語のように「あれ?」と分からなかったら、お店の人や誰かに聞いてみるといいですね。

特に食材や料理名は、見たことのないような単語が書いてあることも多く、聞いてみると実は英語ではなかったりすることもたまにあります(笑)

お店の人に “What is ◯◯?” や “What’s this like?” と聞けばきっと教えてくれるだろうし、そこから会話が生まれるのも旅の楽しみですね。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS