Home英語コラム

“Sounds like a plan” の意味とは?

【保存版】短縮形のアポストロフィの使い方、おさらい!
“understand” を使わずに「分かる」「分かった」を英語で
“ago”、”back”、”before” の違いと使い分け

スポンサーリンク

“Sounds like a plan.” というフレーズを耳にしたことはありますか?

日常生活でネイティブがよく使うフレーズなのですが、直訳するとちょっと意味が分かりづらいかもしれません。

そこで今回は “Sounds like a plan.” の意味と使い方、そして似た表現もあわせて紹介します!

“Sounds like a plan.” の意味とは?

“Sounds like a plan.” とは、何かの予定・計画を立てるときに相手の提案に対して「そうしよう」と返すときに使われるフレーズです。

この「そうしよう」は「いいね、そうしよう」「よし、そうしよう」「よし、それでいこう」みたいな、相手のアイデアに乗り気で賛成するニュアンスです。

でも、なぜ “Sounds like a plan” が「いいね、そうしよう」になるのでしょうか?

私が初めて “Sounds like a plan” という表現を知ったのは、友達とのメールだったのですが、そのときは意味が分かりませんでした。

日常会話で “sound” は、”Sounds good(いいね)” のように「(聞いたところ)〜に思える、〜に聞こえる」という意味で使うことがとっても多いです。

“Sounds like a plan” は直訳すると「計画のように聞こえる」と、いいと思っているのかどうか微妙に分かりづらい感じしますが、これは “Sounds like a good idea” のニュアンスで「いいね」「よし、そうしよう」という賛成を表します。

スポンサーリンク

“Sounds like a plan.” の使い方

使い方は簡単です。

例えば、友達が「明日お茶しない?」みたいに誘ってくれたら、

  • Sounds like a plan. What time are you thinking?
    いいね、そうしよう。何時で考えてる?

みたいに返事をしたり、他にも、

  • Why don’t we order pizza for dinner? −Sounds like a plan.
    「夕食はピザ注文しない?」「いいね、そうしよう」
  • Let’s have a barbecue next weekend. −Sounds like a plan. I’ll be free on Saturday.
    「来週末BBQしよう」「いいね。土曜日なら空いてるよ」

“Sounds like a plan” とは、実は “That sounds like a plan” の “That” が省略されているのですが、この “that” を別の言葉に置き換えることもできます。例えば、

  • I was thinking we could grab dinner and maybe a movie? −Dinner and a movie sounds like a plan!
    「ディナー食べて映画でもどうかなって考えてたんだけど」「ディナーと映画、いいね!」

みたいな感じです。

スポンサーリンク

“Sounds like a plan” に似た英語表現

● Sounds good.

相手が提案してきたことに対して「いいね」「いいよ」と返したいときには、上にも出てきたように “Sounds good” がよく使われます。これは本当にめちゃくちゃよく使うフレーズです。例えば、

  • What time should we meet? 11am? −Sounds good.
    「何時に会おうか?11時は?」「いいよ」

といった感じです。”Sounds good to me.” という言い方もありますが、こちらは相手が自分を含めて複数人に提案したときなんかに「私はそれでいいよ」みたいな返事として使うことが多いかなと思います。

● Perfect、Great、Excellent

“Perfect”、”Great”、”Excellent” も私の友人たちがとてもよく使う単語です。これらも、相手が提案したことに対して「いいね」という意味になります。

  • How about 9.30 at ○○? −Perfect! Looking forward to catching up!
    「9時半に○○で会うのはどう?」「いいね!会って話すの楽しみにしてるね」
  • I’ll be free next Monday morning. −Great! Does 10am suit you?
    「次の月曜の午前中空いてるよ」「いいね。10時はどう?」

また「いいね」というニュアンスを含んだカジュアルな「了解、オッケー」みたいなニュアンスでもとってもよく使います。

  • Emily will be coming along too. −Great! See you at the party!
    「エミリーも来るよ」「了解(いいね)!パーティーで(会おう)ね」
  • Say, 6pm? −Excellent! See you then!
    「6時はどう?」「了解(いいね)!じゃ、その時にね」

どれも直訳すると「完璧」「素晴らしい」みたいになってしまいますが、それほど大袈裟なものではなく意味の違いも特にないので、メールでも気軽に使ってみてくださいね。

■”sound” と “sound like” の違いと使い分け方はこちらで紹介しています↓

■「(この提案)どうかな?」と尋ねるときにも “sound” が使えます↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS