【1分英語】「Tシャツが後ろ前/裏表逆だよ」を英語でなんて言う?

「恥ずかしい」って英語で何て言う?
「歩きスマホ」「ながらスマホ」って英語でなんて言う?
「気前がいい・太っ腹」って英語で何て言う?

スポンサーリンク

今日の1分英語は子どもやちょっとおっちょこちょいな人を注意するときに使えるフレーズ「Tシャツが後ろ前(もしくは裏表逆)だよ」をどうやって言うか紹介しようと思います。

けっこう言えそうで言えない、でも覚えておくと意外と使えるフレーズなので要チェックですよ。

「シャツが後ろ前(裏表逆)だよ」を英語でなんて言う?

Saarbruecken city seen with my Nikon 35mm F1.8 DX lens

まずわかりやすい「裏表逆」から見ていきましょう。
裏表が逆になっていることを、

inside out

と言います。「裏表逆」や「裏返し」という意味ですね。”inside=内側” が “out=外” だから、”inside out” なのでわかりやすいと思います。

友だちにシャツが裏表逆になっていることを教えてあげる場合は、

  • Oh jeez, you have your shirt on inside out!
    あらら、シャツが裏表逆だよ!

と言うことができます。

スポンサーリンク

ちなみに、ディズニー映画の「インサイド・ヘッド」の原題も「Inside out」です。この映画の邦題「インサイド・ヘッド」を見たとき、これはうまいタイトルの付け方だなーと感心してしまいました。

さて、本題に戻りましょう。
「裏表逆」と似た表現で「上下逆さま」は、

upside down

と言います。”inside out” を覚えたらすぐに覚えられそうですね。知らなかった方はついでに覚えておきましょう!

では「後ろ前」は英語でなんと言えばいいでしょう?
「後ろ前」は「後ろ向きに」という意味の、

backwards

を使った表現がまず挙げられます。

  • You’ve got your shirt on backwards.
    シャツ後ろ前に着てますよ

それ以外にも「後 back」と「前 front」を使った表現として、

back to front

があります。これを使うと、こんなふうに言えます。

  • She’s got her jumper on back to front. Should I let her know?
    彼女、セーターを後ろ前に着てるよ。彼女に教えた方が良いかな?

これらの表現は自分が誰かに教えてあげるのは良くても、人から言われるのはちょっと恥ずかしいですね。皆さん気を付けましょう!

スポンサーリンク

■大人はあまりないかもしれませんが、小さい子どもがよくやってしまう「靴が左右逆」の表現は、こちらで紹介しています↓

洋服にまつわるコラムはこちら

■「服・洋服」を英語で言おうとして、何て言ったらいいのか分からなかったことはありませんか?

■「ダサい」を表す英単語とは?

■意外と間違えやすい「ワイシャツ」や「Tシャツ」の英語表現や、知っておくと役に立つ「服・洋服」にまつわるコラムはこちらからどうぞ!↓


■「パーカー」「ワンピース」も英語ではちょっと違う言い方をします↓

繰り返しフレーズに触れて復習しましょう!

何かを覚えるとき、復習をすると学習効果がすごく高いそうです。
そこで、【1分英語】シリーズでは、「前回」「3話前」「10話前」に出てきたフレーズを穴埋め形式にして紹介していきます。

前回からの出題

「僕はもう失うものがないから、ダメ元でやってみるよ」

I will take a chance because I have _______ to ____

スポンサーリンク

「ダメ元でやってみたら?」

Why don’t you give it a ____

答えは「【1分英語】「ダメ元でやってみる」って英語でなんて言う?」をご覧ください。

3話前からの出題

「ビールを3ヶ月ぶりに飲んだ」を英語にしてみましょう。

I had a glass of beer ___ ___ _____ ____ in three months

「子どものとき以来初めて野球をした」を英語にしてみましょう

I played baseball ___ ___ _____ ____ _____ I was a kid

答えは「〜年ぶり/〜ヶ月ぶり」って英語でなんて言う?をご覧ください。

スポンサーリンク

10話前からの出題

英語で(笑)や www を書いてみましょう。
幾つか書き方がありますので、思い浮かべてわからなかったときは

(笑)やwwwって英語でなんて書く?をご覧ください。

このシリーズは「できれば毎日更新」でお届けしますが、あいだが空いてしまうかもしれません。
読み逃しがないようにぜひFacebookページを「いいね」して最新の記事のお知らせが来るようにしたり、メールで更新のお知らせを受け取るなどしてもらえると嬉しいです。詳しくは下記を参照ください。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS