“Would you mind …?” と聞かれたらどうする?

「前向きな」だけじゃない英語の “positive”
「それ= it」とは限らない
“I think” をもっとカジュアルに

スポンサーリンク

英語でいきなり話しかけられると、頭では分かっていても咄嗟に答えられない時ってありますよね。

普段からよっぽど英語を聞いたり、英語で話していないと、咄嗟の時にはせっかく覚えた英語の知識も役に立ちません。

でも、英語で話しかけられる時ってわりと突然だったりしませんか?

そんな咄嗟に聞かれることが多いわりに、よく間違えてしまう “mind” を使った表現が今日のテーマです。

トリッキーな質問「写真を撮ってもらえますか?」

“Would you mind taking a picture?”
東京や京都など、海外からの観光客が多い場所で、いきなりこう話しかけられたらどうしますか?

あまり英語が得意でなくても、”take a picture” が聞き取れて、カメラを持っている人にこう言われたら、写真を撮って欲しいんだなという事は雰囲気で分かりますよね。

そんな時、とっさにこう言ってしまったことはありませんか?
“Oh! Yes, yes!” と。

相手がよっぽど意地悪な人ではない限り、”Thank you!” と言いながらカメラを渡されるでしょう。

でも、お気付きの方も多いと思いますが、これはちょっと変な答えなんです。

“Would you mind 〜?”は「〜してもらえませんか?」と訳すと間違えやすい

“Would you mind 〜?” は「〜してもらえませんか?」という意味だと英語の授業で習いました。
そして、嫌ではない場合 “No”、嫌な場合 “Yes” と答えるとも習いました。

よくテストに出る引っかけ問題的なやつですが、この答え方に悩まされるのは「〜してもらえませんか?」という訳し方のせいだと思うんです。

でも、”mind” のもともとの意味に忠実に訳すと、全く混乱しません。
「〜するのを嫌だと思いますか(気にしますか)?」です。

嫌なら「はい、嫌です」なので “Yes”、嫌じゃないなら “No” です。簡単ですよね。

頭では理解していても、いきなり英語で話しかけられたりすると、ついつい笑顔で “Yes!” と言ってしまいがち…。でも、これは「はい、嫌です」と笑顔で言っていることになります。

相手はよっぽどのことがない限り「多分”いいよ”の意味だろうな…」と察してくれると思いますが、できればちゃんと答えたいですよね。

じゃ、何て答えたらいい?

「もちろんいいよ!」と言いたい場合は “No problem” や “No, not at all” と言えばいいのですが、咄嗟に出てこない時や、頭の中でYesとNoがこんがらがってしまった場合には “Sure” でもいいと思います。

“Sure” を答えとして正しくないとする人もいますが、実際に使われていますし、”Yes” よりは相手に正しく伝わるかと思います。

逆に「それ、して欲しくないなぁ」という時は、自分の意見をやんわり伝えましょう。

教科書的な答え方としては “I’d rather you didn’t” と舌を噛みそうな答えもありますが、シンプルに “Sorry,” と言ってから、そのあとに理由を付け加えたらオッケーです。

日本語でもそうですが、特に英語では何かを断ったりする時に理由を付け加えることが多いと感じます。シンプルすぎて “Yes, I do.(はい、嫌です)” とだけ言うのはちょっとカンジ悪いのでご注意を。

“Can I …?” からたまには脱出してみよう

「◯◯してもいいですか?」という文章を作る時に、いつも “Can I 〜” で始めてませんか?もちろんそれでも全く問題はないのですが、もうちょっと違う言い方をしたい時には、こんな風に言ってみるのもいいですね↓

  • Do you mind if I sit here?
  • Do you mind if I take this chair?
  • Do you mind if I borrow your pen?

A rainbow of gel pens

「◯◯してもいいですか?」と自分のしたいことを伝えながらも、相手の意向も伺う、ちょっと丁寧な柔らかい印象になります。

これらに対する答え方は、上で紹介した通りです。

“mind” で聞かれると混乱しがちですが、ここでも万が一大混乱してしまった場合は “Sure” や “Go ahead!” と言っても伝わります。

それでもやっぱり気持ちも大切

“Do you mind if I take this chair?” と聞いたら、英語がネイティブの人でもニコニコしながら “Yes, go ahead” と答えたりする事も全く無くはないので、教科書通りにいかないこともあります。

やっぱり表情で気持ちを伝えることも大切なんです。

でも、気持ちをより正確に伝えたり、相手の気持ちを理解するためにもいろんな言い回しを知っておくといいと思います!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS