意外と間違いやすい「Tシャツ」を英語で

“opposite” よりナチュラルな「反対」「逆」
“very” を使わずに「めっちゃ熱い」を英語で
辞書にも載ってない?KIWI英語 クイズ編

スポンサーリンク

「Tシャツ」は英語で何て言うんでしょうか。

「え?Tシャツって英語でもTシャツじゃないの?」と思った方、正解です。Tシャツは英語でTシャツです。

では、次の文章を英語にしてみて下さい。

「彼女は青いTシャツを着ていた」

簡単な人には簡単ですが、意外と間違えてしまうことも多いんです。

日本語になっている英語

「Tシャツ」は、カタカナになって日本語に浸透していますよね。

なので、今さら「Tシャツは英語で?」と言われると「え?Tシャツじゃないの?」と思う人が多いと思います。

では、冒頭の問題に話を戻しましょう。

「彼女は青いTシャツを着ていた」
これを英語で言うと、どうなりますか?

スポンサーリンク

“She was wearing a blue T-shirts”
これで合っているでしょうか?

「Tシャツ」は英語でも “T-shirts” ですが、上の文章はどこかが変ですよね。

答えは “She was wearing a blue T-shirt” です。

日本語ではTシャツは1枚でも2枚でも「Tシャツ」ですが、見ての通り “T-shirts” は複数形なんです。
なので、英語では “a T-shirts” と言うことはできません。

ついつい「Tシャツ」と言い慣れているので “T-shirts” と言ってしまいがちですが、1枚のときは “a T-shirt” です。

これは普通の「シャツ」も同じで、ワイシャツなども1枚なら “shirts” ではなくて “a shirt” なので要注意です。

似たような間違いやすい単語

「Tシャツ」や「シャツ」のように、カタカナで日本語になってしまっているので余計に間違えやすい英語は他にもあります。

「靴」「靴下」「ブーツ」なども、簡単に英単語が思い浮かぶと思います。

“shoes” “socks” “boots” “sheets” ですよね。

では「あれ?僕の靴が片方だけ無い・・・」という時には英語で何て言いますか?
“My shoes is missing” や “I can’t find my shoes” と言ってしまいそうになりませんか?

「靴」も「靴下」も「ブーツ」も両方揃って “shoes” “socks” “boots” です。

なので、片方だけの話をする場合には “s” を取ってあげないといけません。
片方の話をする時は “shoe” “sock” “boot” です。

反対に、こんな単語もあります

上で紹介したような単語たちとは逆に、日本語では単数形のカタカナ英語で浸透しているのに、実際の英語で使われるときはいつも複数形というパターンもあります。

この代表的な物は「サングラス」ですね。
日本語では誰もが「サングラス」と言いますが、英語では必ず “sunglasses” となります。

他にも「イヤリング」なんていうのもあります。
“I gave her an earring for her birthday” と言ってしまうと、片方だけになってしまいます。

Miniature Food - Pizza Earrings
© Stéphanie Kilgast

意外と知られていないところで「パジャマ」もその1つです。

パジャマは上下で一揃えなので “pajamas” と、常に “s” がつきます。ちなみにイギリス英語では、スペルがちょっと違って “pyjamas” となります。

また「ズボン」が “pants”、「ハサミ」が “scissors” と呼ばれるのと同じように「トング」もいつでも複数形で “tongs” です。

これらは、形を思い浮かべると共通点が見えてきますよね。

他にもある、カタカナ英語との違い

私は、ニュージーランドに来てすぐの頃に「カーテン」が “curtains” と呼ばれていることに驚きました。

日本ではカーテンは「カーテン」なので複数形に違和感を覚えたのですが、左右に開く2枚に分かれたカーテンの場合は「カーテン開けて」が “Open the curtains” になります。

日本語にもなっている英単語を覚えるのは簡単ですが、意外なところで “s” が必要だったり、反対に要らなかったりするので、少しだけ注意が必要ですね。

今日紹介した以外でも「こんなのあるよ」と思い付いた方はぜひ教えて下さい!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS