よく耳にする “end up”、どうやって使う?

Kind regards? それとも…?手紙・メールの結びの言葉
“Shall I 〜 ?” は使わない?
そんなに難しくない!今日から使える “whatever”

スポンサーリンク

先日テレビを見ていたら、私が好きな番組をやっていました。

それは、あるシェフがオーストラリア各地を旅しながら、地元のいろんな食材を使って料理をする番組なのですが、その彼がオーストラリアで会ったドイツ人の男性に、こんなセリフで話しかけていました。

“How did you end up in Australia?” と。

“end up” は実は会話の中でとってもよく出てくるフレーズなんです。
今日はこの “end up” にスポットを当ててみましょう。

“end up” って何?

“end” はご存じの通り「終わる」という意味ですよね。

そして、冒頭に出てきた “How did you end up in Australia?” は「最終的になんでオーストラリアにいる(来る)ことになったの?」というニュアンスになります。

ドイツ出身の人がオーストラリアで働いているので、それが「なんでなの?」と質問していたわけです。

この “end up” は会話でとってもよく使われるフレーズで、ただの “end” とはちょっと違ってこんな意味があります。

eventually come to a specified place or situation

(出典:オックスフォード新英英辞典

「結局・最終的にある場所に落ち着いたり、ある状況になる」といった感じで使われます。

スポンサーリンク

上のように “end up” の後ろに “in 地名” を入れて使うこともあれば “He ended up in hospital(結局は入院することになった)” のように使われることもあります。

でも、”end up” はこういった「場所」以外で使われることも多いんです。

「結局は◯◯することになる」

“end up” は、後ろに動詞の-ingがくっついて「結局は◯◯することになる」という意味になります。

例えば、海外から日本に旅行にやって来た人が、あまりにも日本が好きすぎて「結局は日本で英語を教えることになりました」というのも “I ended up teaching English in Japan” と言えます。

“end up” を使うと「ちょっと予期していなかったけど、こうなりました」という要素が含まれることもあるんです。

なので「独身は最高よね!」と言っていた女友達が、結局は結婚して子供もいたりすると “She ended up getting married and having kids” なんていうふうに表すこともできます。

Kids in Leaves
© Dan Zen

そして「結局は◯◯することになる」の中でも特に、良くないこと・嬉しくないことを表す時に使う「結局は◯◯するはめになる」には必ずと言っていいほど “end up” が使われます。

「結局は◯◯するはめになる」

「◯◯するはめになる」って、英語にするとなると難しそうですよね。

でも “end up” を使うだけで簡単にそのニュアンスも表現できてしまうんです。

例えば、海外旅行で飛行機の出発時刻が変更になってしまって「結局、空港で一晩明かすはめになった」は “We ended up spending the night in the airport” でいいんです。

また「今日は早く帰れる!」と思っていたところに、上司から急な仕事を渡されて「結局は遅くまで残業するはめになったよ」も “I ended up working until late” というふうに言えてしまいます。

英語らしい表現

今回紹介した “end up” はとっても英語っぽい表現だと思います。

「結局〜するはめになる」という、ちょっとネガティブな要素を表せたり、単に「結局〜になる」という特にネガティブでもないことも表せてしまいます。

なので、日本語訳を丸暗記するよりも「何かがあって、最終的・結果的にそうなった」というイメージを掴むことが大切です。

会話の中でとってもよく登場するフレーズなので、実際にどんな感じで使われているのかネイティブの会話に耳を澄ませてみるのもいいですね。

イメージが掴めたら早速使ってみてください!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS