Home英語コラム

ネイティブがよく使う “Fair enough” の意味とは?

“delicious” を使わずに「美味しい」って言えますか?
「遅れてすみません」は英語で “I’m sorry to be late” ではない
「小雨、雨、大雨」は英語で何て言う?”rain” を使わないネイティブ表現

スポンサーリンク

私がニュージーランドに来て、ネイティブがよく使うのに意味が分からなかった英語の一つに “Fair enough.” というのがあります。

これは、よく会話の中に出てくるフレーズで、誰かが何か言った事に対して “Fair enough.” と返す形で使われます。

皆さんはこのフレーズを耳にしたことがありますか?

聞いただけではイマイチ意味が分かりにくい “Fair enough” の意味と使い方を紹介したいと思います!

シンプルすぎて逆に意味が分かりづらい

一つ一つの単語の意味は分かるのに、フレーズや文章になった途端に意味が分からなくなる、ということってありませんか?
しかも、短い文章・フレーズに限ってそういうことがよく起こります。

この “Fair enough” も、そうかもしれません。

“fair” は「公正な・公平な」、”enough” は「十分な」という意味があります。
そうすると “Fair enough” は、どう考えても「十分に公正だ」という訳しか浮かんできません。

でも、会話の途中で「十分に公正だ」と言われても意味不明ですよね。

スポンサーリンク

どういう場面で、どんな意味で使われるのか、さっそく見てみましょう。

“Fair enough.” の使い方①

この表現は、私の前の職場のニュージーランドの秘境にある温泉でお客さんからよく言われました。

その山奥の温泉には貸し切りで使える個室のお風呂があり、お客さんは個室風呂のカギをもらうのと引き換えに、自分の車のカギを預けるシステムでした。

ほぼ全てのお客さんが車で来るので、個室風呂のカギ返却忘れ防止のためのシステムだったのです。車の鍵が無いと帰れませんからね。

でも、そのシステムを知らないお客さんは『何で車のカギを渡さなきゃいけないの?』と、納得いかない顔で聞いてきます。
そこでスタッフが、上のように「こうこう、こういうシステムで…」とお客さんに説明します。

そうすると、さっきまで車のカギを渡すのを渋っていたお客さんが “Fair enough.” と言って、快くカギを預けてくれるんです。

Key (Mito)

“Fair enough” の意味

では、この “Fair enough” ってどういう意味だと思いますか?

“Fair enough.” が使われるのは大抵こんな場合です。最初は理解・納得してなかったけど、相手の説明が的を射ていたり、理由が受け入れるのにふさわしいものだと、納得して認める場合に、この “Fair enough” がよく使われます。

スポンサーリンク

この「納得して」がポイントになります。”Fair enough.” は、ケンカ腰の「分かったよ!(怒)」ではありません。

最初から納得している積極的な「そうだね!」ではなく、何かを言われて納得したり理解したことを示す「(それなら)分かったよ」「そっか」「いいでしょう」「なるほどね」がしっくりくる感じです。

他には、会話を続けるのがめんどくさくて「そっか」「そうなんだ」と切り上げたいときにも “Fair enough.” は使われます。

もう一つ例を見てみましょう。

“Fair enough.” の使い方②

ニュージーランド英語、どうやって勉強する?」のコラムでおすすめしたテレビ番組『MasterChef New Zealand』でも “Fair enough” が登場していました。

この、素人さん参加型勝ち抜き料理番組で、ある出場者が作った料理に審査員が「合格か不合格か」評価を下す場面です。

審査員は「料理自体は美味しい」と言いながらも、盛りつけたお皿が気に入らなかったり、作る過程でキッチンの作業台が散らかりすぎていたり、というマイナス点を挙げ、合格でも不合格でもない「Maybeだね」という答えを出しました。

それに対して、作った本人が “Alright. Fair enough.” と返すんです。

審査員の厳しい意見にも、なぜそんなことを言われたのか理解して “Fair enough.” と言っている訳です。
決して自分が望んでいた結果ではないけれども、その採点の理由を聞いて「それならしょうがないですね」「なるほどね」と認めているんですね。

スポンサーリンク

慣れるまで使いにくい “Fair enough.”

“Fair enough.” は学校でも習わなかったし、英語教材のテキストなどにもあまり登場しません。

なので、ちょっとニュアンスが掴みにくかったり、どんな場面で使えばいいのか分かりにくかったりしますが、特にイギリス英語では会話の中でとてもよく出てきます。

今回挙げた例以外にも使える場面がたくさんあるので、ニュアンスを掴んで会話に生かしてもらえるといいなと思います。

日本語にしにくい英語って結構ある

今回の “Fair enough” のように、日本語に訳しにくい英語って、実は結構あるんです。
そんな表現を扱ったコラムは以下のリンクから見れますので、ぜひ合わせて読んでみてください!

■ネイティブがよく使う “get on” とは?

■”make sense” ってどんな意味?どう使う?

■”might as well” の意味とは?

■”catch up” ってどんな意味?

■”respect” も実はちょっと日本語にしにくいなと感じる単語です。

スポンサーリンク

■■【日本語にしにくい英語】コラム一覧

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS