“understand” を使わない「分かる」の表現

“Long time no see” を使わないネイティブの「久しぶり」
辞書には載っていない、よく使う「いつか」
職場で使える!「いる」「いない」を超簡単に表す方法

スポンサーリンク

「分かる」を表す英語ってどんなものを思い浮かべますか?

まずは “understand” を思い付く人も多いかもしれません。でも、英語にはそれ以外にもたくさんの「分かる」という表現があるんです。

今回は “understand” を使わない、日常生活でとってもよく登場する「分かる」の表現を紹介したいと思います。

こんな「分かる」もありました

“understand” 以外にも “see” や “get” を思い浮かべた方もいるかもしれません。

“see” は “I see” や “I see what you mean” などのフレーズでお馴染みですよね。

“I see(なるほど)” は何かを理解した時に発するセリフで、”I see what you mean” は「おっしゃっていることは分かります」や「あなたが言いたいことは分かります」というニュアンスで使われます。

“get” も相手が言った事を受けて “I don’t get it(分からない)” や “I got it(分かりました)” と、カジュアルに言う「分かる」を表す場合によく使われます。

その他にも、以前このサイトでは “understand” も “see” も “get” も使わない「分かった?」というフレーズを紹介しましたが、どんなものだったか覚えていますか?

それは “make sense” でしたね。
どうやって使うのか忘れた方や、復習したい方はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

今回紹介する「分かる」を表す単語

今回紹介する「分かる」は、たいてい “can” や “can’t” と一緒に使われます。
そして、それはとっても簡単な誰でも知っている動詞です。

何だか分かりましたか?

正解は “tell” です。
“tell” は “tell me” や “tell you” など「話す」「伝える」「教える」といった意味で使われることが多いですよね。

でも、その “tell” は “can” を伴って「分かる」という意味でも日常会話にとってもよく登場します。

Happy Twin Girls

例えば、よく似たものが2つあったとして「これとそれの違いが分かる?」というようなシチュエーション。
こんな場合はたいてい “Can you tell the difference?” が使われます。”Do you understand the difference?” とは言いません。

それはなぜかと言うと “tell” は「理解する」という意味での「分かる」ではなく「見て分かる」という「分かる」だからです。

それを英英辞典ではこう表現しています。

perceive (the difference between one person or thing and another)

“perceive” とは五感の中でも特に目で見て「知覚する」という意味があります。なので「見て他との違いが分かる/分からない」という場合に “can/can’t tell” がよく使われます。

“tell” はこんな意味でも使われます

オックスフォード現代英英辞典をひいてみると、こうも書いてあります。

to know, see or judge something correctly

そして、分かりやすいこんな例文が引用されています。

“That’s not an original(それは原本じゃないよ)”
“How can you tell?(なんで分かるの?)”

また、オックスフォード新英英辞典には、こんな定義も載っています。

decide or determine correctly with certainty

「確信を持って何かが正しいと判断する」という感じですね。
なので、上の例文のように “How can you tell?(なんでそうだと分かるの?)” や “I can tell(そうだと分かるわ)” というフレーズでよく使われます。

使い慣れるまでは “tell” の後ろに何も来ないのがちょっと気持ちワルいかもしれませんが、”I can tell” と “How can you tell?” は会話でとってもよく出てくるので、覚えておくと役に立ちます!

文章としても使える

“I can tell” の後ろに文章をもってくると「〜ということが分かる」という表現が作れます。

例えば「彼が嘘をついているのが分かる」と言いたい場合には “I can tell (that) he’s lying” でOKです。

今回紹介した “tell” の使い方は会話でとっても役立つので、ぜひ “understand” との違いを理解して、どんどん使ってみて下さいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS