イマイチ分かりにくい “due” って何?

ネイティブが会話でよく使う「必ず◯◯してね」
「変」「おかしい」って英語で何て言う?
「雨が降ってきた」って英語でなんて言う?

スポンサーリンク

今回のコラムでは、イマイチ使い方が分からない人も多いのでは?と思われる単語 “due” を取り上げたいと思います。

この単語、辞書で調べても意味が分かりにくくないですか?
でも、一度イメージを掴んでしまうと、実はかなり使える単語なんです。

日常生活でもとってもよく耳にする “due”、どんな場面でどんなふうに使われるのでしょうか?

このコラムでしっかりマスターしてしまいましょう!

私が最近耳にした “due”

先日、本屋さんで料理本を立ち読みしていたところ、近くにいた女性のお客さんが店員さんに話しかけるのが聞こえてきました。

以下、その女性と店員さんのやりとりです。

女性:◯◯さんの料理本ってあるかしら?
店員さん:ここにあるけど、今週新しいのが出るよ
女性:あら、そうなの!?
店員さん:何日に発売されるか確認しようか?

こんな短い会話でしたが、この中に “due” という単語が出てきたんです。

コラムの後半ではこの会話を英語にしたものが出てきますが、まずはどのセリフでどんなふうに “due” が使われるのか、少し考えてみてから読み進めてくださいね。

スポンサーリンク

“due” の読み方は?意味は?

“due” と書いて「デュー」と読みます。

試しに英和辞典を引いてみましょう。形容詞・名詞・副詞の意味がありますが、最もよく使われる形容詞を見てみます。

  • (支払い期限に関係なく)当然支払われるべき
  • (手形などが)支払い期日のきた、満期の
  • 到着・誕生予定で

などと書かれていますが、これ、全然イメージが湧かなくないですか?

そんな時は英英辞典の出番です。オックスフォード新英英辞典を見てみると、

expected at or planned for at a certain time

と書かれています。シンプルですが、ズバッと要点が伝わってきませんか?

イメージは、ある決められた時に何かが起こるのが予期・予定されているといった感じです。このイメージで上の本屋さんでの会話をもう一度見てみましょう。

女性:◯◯さんの料理本ってあるかしら?
店員さん:ここにあるけど、今週新しいのが出るよ
女性:あら、そうなの!?
店員さん:何日に発売されるか確認しようか?

bookshop

どこで使われるのか、何となく分かりましたか?
実は、店員さんのセリフ2つともに “due” が使われていました。こんな感じです↓

  • 今週新しいのが出るよ
    → Her new book is due out this week.
  • 何日に発売されるか確認しようか?
    → Would you like me to check when it’s due out?

と言っていたんです。”due” だけでもいいのですが「発売される=出る」で “due out” と言うことが多いように思います。
「発売になる」というと “come out” や “become available”、本の場合は “be published/released” などが思い浮かぶかもしれませんが、この “due out” もなかなか使えますよ。

“due” の使い方いろいろ

その他にも “due” がよく使われるのが「それは金曜日が期限(締切)です」というような場合です。これも、

  • It’s due on Friday.

と簡単に表せますし、”due on” の後に日付を入れて使われることもあります。
また、出張や旅行に行く人に「いつ戻ってくるの?」と尋ねる場合にも、

  • When are you due back?

と聞いたり、バスや電車などが「あと5分で来る」というのも、

  • The bus/train is due in five minutes.

のように “due” を使うことが多いです。

Bus stop

さらに、”due” がよく使われるシチュエーションは、妊婦さんに「出産予定日はいつですか?」と尋ねる時です。これは、

  • When are you due?
  • When’s the baby due?

などがよく使われます。

こう見てみると、定義にもあったように、やはりスケジュール的な決まっているものに対して “due” を使うことが多いですね。
もちろん “due” を使わずに表現することもできますが、ネイティブは今回紹介したような “due” もよく使うので、ゼヒ使えるようになっておきたい単語ですね。

日本語にしにくい英語って結構ある

今回の “due” のように、日本語に訳しにくい英語って、実は結構あるんです。
そんな表現を扱ったコラムは以下のリンクから見れますので、ぜひ合わせて読んでみてください!

【日本語にしにくい英語】コラム一覧






こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS